空中写真分布表 東京編


東京北鉄道管理局 車両基地

宇都宮運転所(北ミヤ)
1974年 Y G
転車台あり・新幹線建設中
小山電車区(北ヤマ)
1974年 Y G
小山機関区(北ヤマ)
1974年 Y G
転車台あり
松戸電車区(北マト)
1974年 Y G
大宮機関区(北オオ)・大宮工場
1974年 Y G
駅東口はさほど変わらないが、西口はほとんど面影がない。ク5000が見える。
大宮操車場
1974年 Y G
東大宮操車場
1979年 Y G
武蔵野機関区(北ムソ)・武蔵野操車場
1974年 Y G
1974年 Y G
この機関車待機線群を見ると一体どんだけの機関車を待機させるつもりだったんだか、またこれらが埋ったことがあるのかどうか、すんげー疑問…
1974年 Y G
1974年 Y G
1979年 Y G
1984年 Y G
1989年 Y G
1989年 Y G
浦和電車区(北ウラ)
1974年 Y G
1979年 Y G
下十条電車区(北モセ)
1974年 Y G
尾久機関区
1947年
尾久機関区・上野新幹線第一運転所
1989年 Y G
尾久客車区(北オク)・田端機関区(北ハタ)
1974年 Y G
池袋電車区(北イケ)
1974年 Y G

東京南鉄道管理局 車両基地

東京機関区
1949年
東京機関区(南トウ)・田町電車区(南チタ)・品川機関区(南シナ)
1974年 Y G
品川電車区(南シナ)
1974年 Y G
旧型配給電車の列と103系の非冷房車群が時代を物語る。
蒲田電車区(南カマ)
1974年 Y G
新鶴見機関区(南ツソ)
1947年
1974年 Y G
弁天橋電車区(南テシ)
1977年 Y G
高島機関区
1977年 Y G
大船電車区(南フナ)
1977年 Y G
茅ヶ崎機関区
1977年 Y G
国府津運転所(南コツ)
1977年 Y G
1988年 Y G
国府津機関区跡
1977年 Y G

東京西鉄道管理局 車両基地

中野電車区(西カノ)
1974年 Y G
三鷹電車区(西ミツ)
1974年 Y G
武蔵小金井電車区(西ムコ)
1974年 Y G
立川機関区(西タチ)
1974年 Y G
豊田電車区(西トタ)
1974年 Y G
八王子機関区(西ハチ)
1974年 Y G
中原電車区(西ナハ)
1974年 Y G
甲府機関区(西コフ)
1975年 Y G
飯田町客車区
1974年 Y G
飯田町貨物駅も

山手線

大崎駅付近
Googleマップ
恵比寿駅
サッポロビール目黒工場専用線
1974年 Y G
渋谷駅
1947年
1974年 Y G
1979年 Y G
1984年 Y G
貨物駅廃止
新宿駅
1947年
京王線旧線(路面区間)と京王新宿駅(東京大空襲の変電所被災で電車が甲州街道の陸橋に登れなくなったため急遽西口に作ったもの)
旧京王新宿駅はまっすぐに伸びた残った線路の先にある黒い屋根の建物
1974年
1979年
1984年
1989年
関連サイト 副都心の廃線跡
浄水場引き込み線がなんとなく見えてきますね
池袋駅
1948年

東海道新幹線

東京第一運転所
1974年 Y G
都バス品川車庫も見える
京急は高架工事中
品川駅付近
1974年 Y G
新幹線が走ってる下を貨物線が潜り抜けているような
1974年 Y G
こっちでも新幹線と貨物線の立体交差が見えているような
東京第一運転所構内の東側に4両編成がいるようだがT1編成?
1979年 Y G
新幹線大井基地への引込み線は接続部で単線になっている(現在は複線)
大井基地 東京貨物ターミナル
1974年 Y G
1974年 Y G
1979年 Y G
1979年 Y G
1979年 Y G

東海道本線

東京駅
1948年
1974年 Y G
1979年 Y G
1984年 Y G
1989年 Y G
Googleマップ
丸の内オアゾがまだ出来てない。
現代
旧新橋停車場付近
1997年
画像・品質の変更から1997年のを選んで品質上げるとブルーシートが掛けられた新橋停車場の遺構が見られる
※IE6以上
蒲田駅付近
1947年
目蒲線旧線・蒲田-羽田空港連絡線
蒲田車庫から専用線(鉄道省時代にあった矢口火力発電所への引込み線)
1974年 Y G
駅東側に大きな貨物ヤード

東海道貨物線

汐留・竹芝・芝浦付近
1979年 Y G
1984年 Y G
関連サイト1
関連サイト2
芝浦付近
1974年 Y G
日の出桟橋と芝浦岸壁を繋ぐ2本目の橋梁が工事に取り掛かった頃?
東京市場駅
(1984年廃止)・汐留駅東10番線
1984年 Y G
1974年 Y G
長崎や下関からの鮮魚特急が到着していた
ここでもレサ10000と思われる車両が見て取れる
汐留から1.1キロは旧市場までのキロ程かと

品鶴線

三菱重工下丸子工場引き込み線
1974年 Y G
多摩川を渡る手前で、南にカーブ。堤防の一段低いところを走る。
1974年 Y G
工場に近づいたところで、スロープのように徐々に高度を下げる。

東北本線

秋葉原貨物駅
1947年
なんとなく万世橋駅跡?
1979年 Y G
上野駅
1948年
丸焼け状態。
道路の形と線路の形が今と変ってない。
一瞬、道路のほうを線路と見間違ってしまう。
赤羽駅
旧陸軍兵器補給廠専用線
1947年
赤羽駅北方からあやしいカーブが十条・桐ヶ丘方面に向かって。
これも軍の専用線。
現在も遺構があるらしい。
1948年
関連サイト1
東北本線赤羽駅 旧陸軍兵器補給廠専用線廃線跡
関連サイト2
赤羽の軍需工場引込線の謎
関連サイト3
王子駅付近
1947年
東北本線、王子駅の北から分かれるは、当時の須賀貨物線。
その分岐のカーブの途中から北へ向かうのがいまも残る北王子貨物線、そのままカーブをたどれば、兵器工廠へ。
南側のただっぴろい四角土地が豊島弾薬庫。
その弾薬庫の南から西へ向かって軍の専用線(軽便)が北本通りの市電を平面交差して、先の須賀貨物のカーブと東北本線を立体交差。築堤を登って十条の砲兵工廠(十条駐屯地)へ。
雑誌「レイル」に記事が乗ったことがありましたね。軍の専用線は火薬を扱うので電化されていたそうです。
周辺地図
この交差点では、東からJRを跨いで来る陸橋とバスどおりがT字路で交差している。しかしながらその交差点の西からの道は、その交差点が橋になっていてその下を交わらずに東に進んでJRの崖で行き止まり。その不思議な構造はまさしく軽便の跡。
関連サイト
蒸気そのものを積む機関車もあったらしい。
赤羽駅付近
1948年
赤羽線と東北本線の合流部から東へゆるいカーブでわかれるは国鉄赤羽発電所への専用線。
1979年 Y G
道路になっている。
赤羽駅周辺(東北・上越新幹線建設に伴う用地買収)
1979年 Y G
1984年 Y G
1989年 Y G

中央線

飯田町貨物駅
1947年
1979年 Y G
ターンテーブルが見える。
現在ではメトロポリタンエドモントホテル等が建ってる場所。
北にあるのは後楽園球場と競輪場。
その北に通る営団丸ノ内線が、ちょうど車両が見えているタイミング。
関連サイト
いまやJR貨物、大和ハウス、大塚商会、マクセルと有名企業が軒を連ねた錚々たる一角。
江戸時代の地図を見ると、敷地の形は高松藩上屋敷の形をほぼ踏襲しているようだ。
武蔵野競馬場線
1974年 Y G
1989年 Y G
東小金井駅
1974年 Y G
貨物駅が健在
ク5000がいる
立川駅
1974年 Y G
西立川には機関区も健在
中島飛行機武蔵野製作所専用線
1951年
鉄道技術研究所
1974年 Y G
左端に立川飛行場への専用線跡が見える
下川原線
(国分寺-下河原)
(1976年廃止)
1974年 Y G 中央線国分寺駅
1974年 Y G 武蔵野線との交差部
本線から武蔵野線に至る下河原線の道床がよくわかる
下河原線のホームはこのあと10年ぐらい車両展示などに使われていた
下河原線跡に寄り添うように中央鉄道学園の施設
車庫も健在
1974年 Y G 府中本町駅付近
武蔵野線開業後再び貨物線となり昭和51年まで営業
1974年 Y G
途中で田原電機製作所専用線が分岐
終点下河原に向かう
撮影時は下河原貨物駅もまだ現役で停車中の貨車が見える
この線は中央本線の支線だが下河原線と呼ばれるのはこの貨物駅に由来
元来は多摩川の砂利線で先に開業したのは貨物線の方で競馬客輸送は後年になってから
貨物線区間は最後まで非電化で末期は八王子機関区所属のDD13が使用されていた
多摩地区 砂利取り線跡
1974年 Y G 中央線
1974年 Y G 福生
1974年 Y G 小作

総武線

新小岩駅
1974年 Y G
越中島貨物線 小名木川貨物駅
1947年
構内の白く光っている部分は運河の一部?
水陸両用駅とされた当時の面影がわかる
1947年
その先
越中島貨物駅は見当たらず

京葉線

新木場駅付近
1984年 Y G
建設中。
この時点で東京方面への構造物は見当たらず。
京葉貨物線として建設されていた頃か。
営団有楽町線の構造物が並行して建設中。
本当に貯木が多い。
1989年 Y G
東京方面への橋梁が完成。東京貨物ターミナル方面の高架橋の工事進捗は進んでいない。

常磐線

隅田川駅
1947年
1947年7月の隅田川駅。都内への輸送は船運がまだ現役で、水扱積卸場があった。
隅田川の対岸には東武鉄道千住貨物駅。こっちも水運を利用している。
1974年 Y G
埋め立て後。今よりも大きい。
亀有駅
日立製作所専用線
1948年
駅東方から北に向けて延びていた
Google
Earthと照らし合わせてみると線形が分かる
1974年 Y G
亀有駅から北にカーブする住宅の列。
Googleマップ
金町駅
1974年 Y G
三菱製紙?

南武線

稲城長沼駅
1949年
今より広かった駅構内

青梅線

拝島駅
1974年 Y G
横田基地への引込み線
二俣尾駅
専用線
1974年 Y G
画面中央右下が二俣尾駅でそこから北側へ山裾へ回り込む線が専用線跡
1929年に開鉱した梅ヶ平石灰山から索道・インクラインを経て二俣尾から浅野セメント川崎工場へ石灰を輸送した
1964年廃止
専用線跡がとぎれるところから山の谷間に沿ってインクライン跡
そのさらに北側の採掘所からインクラインまでは至る所で索道の遺構が見られるという
奥多摩駅付近
1974年 Y G
小河内ダム建設のために設置された水根貨物線
Ωカーブが
余談だが水根線よりも北側にさらなる極細軌道(奥多摩工業の曳鉄(えいてつ)線)が存在していた模様
この詳細は空中写真からは判別不可能と思われる
関連サイト
時刻表にない鉄道を求めて
1974年 Y G
奥多摩湖ロープウェイの遺構
廃止後7年程度?
かなり判りづらいが左縁の「C19-3」の「3」の位置からそのまま右へいったところの左上方に奥多摩周遊道路の横向きに架かる橋が2つある
この2つの橋の間に雪が広く積もっているところの道路脇山側の四角形が2つくっついているような建物が三頭山口駅と思われる
対岸の川野駅は三頭山口駅の角度で右上の方向に目を移すと灰色(コンクリート色)の三頭山口駅と対称形の建物が見える
支柱やワイヤー等は撤去されていないはずなので写っているはずだがあまりに細かいために判別できない

五日市線

五日市鉄道 立川-拝島
(1944年廃止)
1974年 Y G
いかにも鉄道らしいカーブで新奥多摩街道に向かう
1974年 Y G
ちょうど新奥多摩街道が工事中のところから多摩川へ砂利取り線がのびている
ここからしばらく廃線跡の掘割が続く
1974年 Y G
この後道路になり、中央-青梅連絡線へと続く
岩井支線
(武蔵五日市-武蔵岩井)
(1982年廃止)
1974年 Y G
1974年 Y G
日本セメント引込み線がさらに奥まで延びている

八高線

横田航空基地付近
1974年 Y G
基地建設のために従来の路線を大幅に迂回するルートに変更されたが元の軌道の一部がなお残る
当時はまだ電化されていないため落下物からの防護トンネルが存在する
1989年 Y G
八高線、箱根ヶ崎付近
写真中央に横田基地を離陸直後の米軍機が!

営団地下鉄

丸ノ内線 中野富士見町駅
1974年 Y G

都営地下鉄

馬込工場・馬込車両検修場
1974年 Y G
馬込工場
1974年 Y G
車両検修場
1979年 Y G
1984年 Y G
上野検車区+上野駅
1974年 Y G
1984年 Y G
1989年 Y G

東急電鉄

東横線
(渋谷-桜木町)
1974年 Y G
渋谷〜代官山(駅移設・地下化)
1974年 Y G
田園調布〜多摩川園前(方向別複々線化)
1974年 Y G
新丸子〜武蔵小杉(複々線化)
1974年 Y G
元住吉〜日吉(高架2面6線化・駅移設)
1974年 Y G
日吉〜綱島(高架化)
1974年 Y G
大倉山〜菊名(踏切解消)
1977年 Y G
東白楽〜反町(地下化)
1977年 Y G
横浜〜桜木町(廃線)
東横線 田園調布駅
1947年
砧線
(二子玉川園-砧本村)
(1969年廃止)
1947年
併用軌道の旧二子橋・田んぼの中を走る玉電砧線の電車
1947年
併用橋時代の二子橋を電車が渡っている。

小田急電鉄

小田原線 代々木上原駅
1974年 Y G
高架+千代田線乗り入れ工事中
小田原線 町田駅
1974年 Y G
小田急百貨店建設中
マラソン道路・原町田駅も
代田連絡線
1948年
1974年 Y G
新代田駅から南にカーブする建物。
1979年 Y G
わかりにくくなっています。
1989年 Y G
こっちのほうがわかりますね。土地の境界がなんとなく。
多摩線 小田急多摩センター駅
1974年 Y G

京王電鉄

京王電鉄旧線跡(調布市内)
1947年
1947年
1947年
1974年 Y G
自動車教習所から斜め左下に伸びている道と建物で確認できる
川を渡った後には築堤が残っている
現在線は甲州街道を挟んで反対がわにある
京王電鉄 八王子駅・北野駅付近
1974年 Y G
京王八王子・北野は地平
1979年 Y G
八王子貨物駅開業間もない頃
1989年 Y G
北野高架化工事中(1992年完成)
1989年 Y G
京王重機

西武鉄道

新宿線 上石神井-武蔵関
1951年
新宿線 中島航空金属専用線
1947年
上(写真外)に東久留米駅
1989年 Y G
中島航空金属→日本特殊鋼?
戦後日特金属工業を経て住友重機に合併
現在は工場の一部が田無工場として存続
関連サイト
東久留米市・旧中島航空金属引き込み線跡
村山線(現西武新宿線) 井荻駅
1947年
写真上方を走る村山線の左から上井草駅・井荻貨物駅・井荻(旅客)駅・下井草駅
上と同じくアレを積んでいたところ
池袋線 旧長江貨物駅周辺
1956年
江古田駅・西武市場(旧長江貨物駅)・東長崎駅
アレを積んでいたところ
自衛隊入間基地付近
1974年 Y G
あまり使われている様子はない
拝島線 青梅橋駅(現東大和市駅)
1974年 Y G
周辺の主要街道は現在と変わりなし
ただ鉄道のみが高架となった当時(というよりそれから10数年)単線で戦災復旧車の混合編成が遮断機のない単線踏切を往来していた
まだスイスから輸入された某電気機関車が現役の頃である
赤だか白だかよくわからない標識灯がとても懐かしい
拝島線 小川駅
1974年 Y G
ブリジストン工場引込み線
山口線 遊園地前駅付近
1974年 Y G
貯水池が干上がっている
1979年 Y G
遊園地前駅に見える煙は発車直後のSL列車?
1984年 Y G
山口線休止後
新交通システム建設中
車庫は消滅したものの旧遊園地前駅はホームなどが残存
1989年 Y G
新交通開通後旧おとぎ電車の面影は消滅
狭山線 西武球場前駅
1974年 Y G
狭山湖駅時代
1979年 Y G
西武ライオンズ球場開場
1984年 Y G
山口線おとぎ電車休止
1989年 Y G
山口線新交通システム化後
西武園線 西武園駅付近
1974年 Y G
1989年 Y G
右の真ん中付近東村山から入ってきた線路は西武園駅手前で北方へそれて構内へ入るが開業時はそのまま直線で進んでいた
どちらかというと新しい写真の方が跡が辿りやすくなっている
左下から入ってくる多摩湖線のガード右側の整然とした住宅地のところに村山貯水池前駅があったが正確な場所は判然としない
ちなみに昭和25年5月23日に分岐点として野口信号所を新設・野口信号所-西武園間営業開始
同日野口信号所-村山貯水池前間廃止という判りづらい経歴を辿っている
多摩湖線の旧駅が上記ガード南側の築堤上にあった
平成元年の写真の方には車止め跡のコンクリートがポツリと写っている
多摩川線 専用線
1947年
砕石工場は西武鉄道の直営
多摩川での採石が禁止された昭和39年に閉鎖
同支線の分岐点南側には現在小金井東中学校がある
関東村は都心にあった米軍関係者住宅「代々木ワシントンハイツ」が昭和39年に移設されたもので現在も敷地の一部が残りそのほかは調布飛行場となっている
是政線の左側に広がるのは多磨霊園

東武鉄道

伊勢崎線 業平橋駅
1974年 Y G
当時4両編成だった1800系りょうもう号が留置されているのがわかる
曳舟駅
1974年 Y G
よく見ると亀戸線専用ホームはなく本線上り待避線で発着していたようだ
伊勢崎線 千住貨物駅
1974年 Y G
渕剛主演連続ドラマ「家族ゲーム」のロケにも使用
伊勢崎線 西新井-北千住
1974年 Y G
荒川放水路建設による付け替え跡
画面左上方の高架線(梅島駅)のすぐ南側に見える西新井工場の引き込み線が行き止まり一部民地があるがその先は道路となる
その道路も大通り(R4日光街道)に当たり道路転用区間は終わるが
その先も荒川放水路に当たるまで家の建つ角度で線路跡がはっきりと分かる
引き込み線から放水路までまさに一直線
大師線 大師前駅付近
1947年
東武大師線は元々は西板線と言って伊勢崎線の西新井と東上線の上板橋を結ぶ予定だったが関東大震災等の影響で計画が頓挫
大師前駅までしか建設できなかった
昭和22年の写真では駅が現在の環七の内側にありその先少しだけ線路が伸びていた
昭和43年に環七の外側に駅が移転したので昭和49年の写真では旧線の廃線跡が残っている
1974年 Y G
東上線 池袋駅
1956年
1974年 Y G
東武東上線の池袋駅がまだ頭端式ホームに改良される前。
もちろんメトロポリタンプラザはまだ存在していない。
東上線の引き上げ線が山手線に沿ってガード付近まで延びている。
この長い引き上げ線が終点ながら高速入線を可能にしている。
山手線と西武池袋線の間は貨物ホームでワムらしき貨車が見える。
現在の西武池袋駅の特急ホーム付近に貨物連絡線が存在。
ちなみに池袋による貨車連絡は新秋津の連絡線が完成する昭和51年まで。
東上線 旧線
(東松山-武蔵嵐山)
(1945年廃止)
1974年 Y G
1974年 Y G
1974年 Y G
工業団地に整地されていて跡形もない
1974年 Y G
1974年 Y G
啓志線
(上板橋-グラントハイツ)
(1959年廃止)
1948年
東武東上線上板橋駅より分岐
1948年
旧陸軍造兵廠練馬倉庫(現陸上自衛隊練馬駐屯地)を経て
1947年
グラントハイツ(現光が丘)に至る

京成電鉄

京成上野駅
1974年 Y G 改良工事中
御徒町の留置線にいるのは181系とき編成と、165系新前橋車編成。
ここに写っている列車たちで現存しているものはない。
銀座線車庫にいる連中も、もう総取り替えされてる。
上野の街は呆れるほど変化がないのに、列車は着々と置き換わってるのを実感する。
寛永寺坂駅(地下駅)
1947年
地上駅舎跡が見える。この写真の4年前くらいには廃止となっていたはず…。
日暮里から右カーブしながら国鉄を渡り、地下に入ってすぐのところにある白く見える四角い建物
京成高砂駅
1974年 Y G

よみうりランドモノレール

全線
(環状)
(1978年廃止)
1974年 Y G
1979年 Y G
1984年 Y G
1989年 Y G
遊園地の外周を走っていたモノレール。1974年の写真では右下の方に車両が写っている。その後軌道の一部がゴーカートのコースに転用された…が、このゴーカートも廃止されたらしい。南無。
関連サイト

東京都港湾局専用線

豊洲付近
1974年 Y G
上のほうに晴海の東京都専用線も
左側の黒い山は石炭
1989年 Y G
既に廃線?上のほうに今でも残る晴海の廃線跡鉄橋が残る
関連サイト
廃線研究

その他の専用鉄道

東京都水道局工事軌道跡(羽村山口軽便線)
1974年 Y G
多摩川の砂利取り場
1974年 Y G
米軍基地で廃線跡がわからない
1974年 Y G
基地を越えるとまた廃線跡が現れる
1974年 Y G
1974年 Y G
左に曲がってトンネル群へ至る
1974年 Y G
村山貯水池のそばを通り
1974年 Y G
山口貯水池の堰堤へと至る
南大東島 大東糖業
1978年 Y G
在所のヤードに集まるさとうきび集材車と車庫
西港の様子も
西港手前分岐付近に見られるのはポートトレイン?
1978年 Y G
現役当時の亀池線・南線
刈り入れ時期が終わっているためか走っている列車は少ない
1978年 Y G
サトウキビや糖蜜を運ぶ台車が停まっているのが見える
1978年 Y G
糖蜜の搬出や資材の搬入に使われる西港までの軌道
関連サイト
(リンク切れ)
北大東島 軌道線
1978年 Y G

鉄道以外

新宿周辺
1947年
1947年
下の方に見える並木付きの太い道は甲州街道
甲州街道の上平行して淀橋浄水場から伸びるまっすぐの道がある
当時ここは水路の残骸だった(玉川上水新水路という)
1974年 Y G
上の写真をもうちょいさかのぼったところ
水路跡にアパートが立ち並んでいる
1974年 Y G
特に印象的なのは
いま高島屋がある辺り
貨車だらけ
その反対側の小田急線ではNSEが新宿駅へ入ろうとしている
そして西武新宿駅ではプリンスホテルを建設中?
上井草球場
1947年
関連サイト
google検索
東京スタジアム
1974年 Y G
葛飾区周辺
1947年 高砂駅周辺
カスリーン台風の洪水に浸かった地区
1947年
亀有と青砥の間の地帯。亀有付近の中川の右岸が破堤している。
1947年
綾瀬〜亀有間および堀切菖蒲園〜お花茶屋間がすっかり水に浸かっている。
1947年
綾瀬川の右岸の東京拘置所は浸水を免れている。
なおページの説明には1947/3/8とあるが、フィルムには1947年9月24日と記されており、浸水5日目の貴重な写真であることがわかる。
須美寿島
1978年 Y G

Home