【Amazon編】通販モールの特徴と写真のガイドラインを解説

【Amazon編】通販モールの特徴と写真のガイドラインを解説

Amazonは楽天市場と並んで、高い集客力を持つ人気の通販モールです。楽天よりも手軽に出店できるのが、Amazonの魅力。とはいえ、実際に商品を販売し、儲けを出すためには「商品画像」に関するルールや知識をきちんと身に付けておく必要があります。Amazonの運営方式からわかる商品画像の重要性や、ガイドラインの具体的な内容、魅力的な写真を用意するためのコツについて解説します。

Amazonとは

Amazonは、日本で人気の通販モールで、国内では楽天グループに次いで2位の売上高を誇っています。非常に多くの会員を抱えていて、集客力も抜群。出店時のイニシャルコストが楽天より安く設定されている点も、魅力の一つと言えるでしょう。

そんなAmazonの最大の特徴は、マーケットプレイス型のECモールという点です。

マーケットプレイス型とは、あらかじめ用意されたモールプラットフォームに、「商品」を登録して販売すること。「モール上にお店を出す」というよりは、「販売したい商品を出品する」というイメージに近いでしょう。ちなみに、出店型のECモールを「テナント型」と言い、楽天市場がその代表例です。

お店を出すためには、さまざまな種類の商品を多数取り揃える必要があるでしょう。

一方で、Amazonのようなマーケットプレイス型のECモールであれば、ごく限られた種類・数の商品を効率良く販売することも可能。ECモールへの進出ハードルも低いと言えます。


ちなみに、Amazonで商品を出品した場合、注文管理もAmazon側が行ってくれます。販売者側には、注文が入った段階でその情報が流されるので、それに沿って発注業務を行いましょう。Amazonでは、FBA(フルフィルメント by Amazon)という特徴的なサービスを提供。一定の手数料を支払えば、商品の保管やピッキング、発送作業など、商品販売に関わるほぼすべての作業を依頼できます。ECモールへの出店を検討しているものの、手間がかかる行動や難しい作業はできない…という場合でも、比較的容易に対応できるでしょう。

商品写真登録のガイドラインルール

Amazonで商品を販売する上で、重要な意味を持つのが商品写真です。実際にAmazonサイトを覗いてみればわかるとおり、非常に多くの商品が登録されています。消費者側は、掲載された商品写真からできるだけ多くの情報を読み取り、どの商品を購入するのか決定しているのです。

とはいえ、Amazonサイトに掲載できる商品写真には、一定のルールが設けられています。

具体的なガイドラインルールは以下のとおりです。

【メイン画像】

  • 販売する商品のみを正確に撮影すること(コーディネートは最小限なら可能)
  • 商品名と一致しない画像は使用禁止
  • 背景は純粋な白(RGB値が255:255:255)
  • イラスト等の使用は禁止
  • 商品に付属しないものや、誤解を与える品物の掲載は禁止
  • 商品にプリントされていない文字やロゴ、画像等の使用は禁止
  • 不鮮明な画像や画素化した画像の使用は禁止
  • 端がギザギザに加工された画像の使用は禁止
  • 画像の85%以上が商品写真で占められていること

【画像サイズ】

  • 画像の長辺は1,600ピクセル以上で、最長辺が10,000ピクセル以下
  • 衣服やファッション関連品は1280ピクセル以上を推奨
  • 画像のフォーマットはJPEG (.jpg)、GIF (.gif)、TIFF(.tif)のいずれかを指定
  • 性的なものを示唆させるような画像は禁止(※モデルが着用した子供向けの下着または水着の撮影画像を含む)

Amazonに商品を出品する場合、

  • ・メイン画像1枚
  • ・サブ画像8枚

の、合計9枚を登録できます。

画像サイズに関するルールは、メイン画像・サブ画像共に適用されるルールです。一方で、「背景は純粋な白のみ」や「文字使用禁止」といったルールは、メイン画像にのみ適用されるもの。サブ画像については、比較的自由に撮影できる点を頭に入れておきましょう。

Amazonが指定するガイドラインを無視した写真を使用すると、

  • 検索対象外
  • 出品停止

といったペナルティを受ける恐れがあります。ガイドラインの内容をよく理解して、それに沿った写真を準備することが大切です。

Amazonに最適な写真

最初にお伝えしたとおり、Amazonはマーケットプレイス型の通販モールです。テナント型モールで出店した場合とは違って、「店舗づくり」という側面で個性を出すことはできません。つまり、テナント型モール以上に、商品写真の出来が売上を左右するのです。ガイドラインを遵守しつつ、「より魅力的な商品写真で顧客を惹きつける工夫」が必須と言えるでしょう。

Amazon出品用に、最適な写真を用意するためのコツは以下の3つです。

メイン画像の背景色に注意する

Amazonで特に厳しいルールが課せられているメイン画像。

背景色の「純粋な白」は、撮影前の工夫もしくは撮影後の加工によって調整しましょう。

撮影前に工夫する場合、専用の撮影キットを使用するのがおすすめです。

撮影後に加工する場合、フリーソフトやPowerPointを使用すると良いでしょう。

露出補正やISO感度を微調整する

商品をより魅力的に見せるためには、撮影時の微調整が欠かせません。

  • 白飛び
  • 黒つぶれ
  • 全体が暗い

これらのトラブルは、露出補正やISO感度で改善できる可能性が高いです。

少しずつ調整して、ベストなバランスを見つけてみてください。

商品の奥行きも意識する

商品の魅力を画像で伝える場合に、重要な意味を持つのが「奥行き感」です。写真全体がのっぺりとした印象にならないよう、注意しましょう。

  • 少しだけ斜め上の角度から撮影する
  • 影を消し過ぎない

これら2点を意識するだけでも、奥行き感のある仕上がりになります。Amazonの場合、「実際に見たことがない商品を購入する」という顧客も多いものです。このため、商品に関するイメージをできるだけ具体的につかめるよう、サブ画像についても力を入れて準備すると良いでしょう。

できるだけ多くの写真を用意し、商品のディテールや使用イメージを伝えてみてください。

大手通販モールの特徴と最適な写真ついてはこちら

写真の撮影はAirPhotoにお任せ

EC・D2C事業者向けの物撮りサービス AirPhoto(エアフォト)では、活用シーンやブランドイメージを入力するだけで、最適なスタイリングを自動で提案します。AirPhotoを利用する場合の料金は、スタイリング1パターンにつき11,000円(税込)、1カットにつき5,500円。レタッチのコストも、こちらに含まれています。商品写真が重要な意味を持つAmazonだからこそ、プロの手も賢く使い、より魅力的な写真を用意しましょう。

「伝えたいイメージ」からスタイリングしてもらえるAirPhotoなら、他店との差別化にもつなげられるのではないでしょうか。

AirPhotoにお問い合わせ

サービスに関するご質問や、ご意見・ご感想など、どんな内容でもけっこうです。お気軽にお問い合わせください。

AirPhoto公式アカウント

『スタイリング診断』が、あなたに最適なスタイリングをご提案📷
AirPhotoはTwitter、Instagramで最新情報をお届けしています。

  • twitter
  • instagram

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

©︎ AirPhoto All Rights Reserved.