our team

欲しい写真だけ購入可能!通販サイトに特化した物撮り代行サービスが誕生

こんにちは!
株式会社HANDEN代表取締役の坂田裕希です。

AirPhoto(エアフォト)のWebをご覧くださいまして、ありがとうございます。

本Webでは、弊社スタッフがEC事業の観点から、写真・動画撮影やブランディング、マーケティングなどについて記事を書いていく予定です。

記念すべき第1回は、私がAirPhotoを企画しようと考えた背景と、サービスの概要についてお話させていただきたいと思います。

世の中にブランドを浸透させていく


弊社では、2016年より「光触媒(ひかりしょくばい)」という除菌・消臭関連の技術を用いた商品開発・事業展開を行ってきました。日本で開発された科学技術である光触媒は、強力な除菌・消臭効果と安全性を両立した技術です。

その特長を活かし、ペット用の除菌・消臭グッズに始まり、屋内のコーティングや光触媒による加工を施した高機能のマスクなどを発売し、HUGFAM(ハグファム)・SUTTO(スット)というブランドとして展開しておりましたが、2021年8月にこれらの事業を譲渡するに至りました。

小資本から事業を開始し、自社でのブランド展開、特にコモディティ商品のDtoC販売を行う中で、商品に対して強い想い入れを持つ小資本のEC事業者が世の中にブランドを浸透させていくために、商品の打ち出し方、広告の方法などにEC特有の考え方が必要だと感じていました。

そこで、弊社がEC事業を通じて培ったノウハウを基に、EC事業者の事業展開を支援すべく、「クリエイティブをもっと身近に」をキーワードにコンサルティングやサービス展開を行っています。その一つが、EC物撮りに特化した撮影代行サービス「AirPhoto(エアフォト)」です。

小規模EC事業者は、物撮りに対して以下の3つの問題を抱えていると考えています。
①写真撮影のディレクションが難しい
②メニューが細かく料金が不透明
③納品から実際の使用まで手間がかかり煩雑、という3点です。

これらのEC事業者の悩みを解決する新しいサービスとして、「AirPhoto(エアフォト)」を展開しています。撮影後の写真サンプルを見てから購入するかどうかを決められるという、物撮り業界では画期的なサービスです。

その他、
①事前の徹底したヒアリングを可能とするシステムとオンライン撮影立ち会いによりEC事業者のブランドイメージに添う写真撮影を行うこと
②メニューを簡略化し撮影前にコストの見積もりが明確にわかること
③EC事業者様の使用用途によりすぐに使用できる形式で写真素材を納品すること
などがサービスの特徴です。

従来、写真はカメラマンが撮影するものでしたが、これからの時代はEC事業がますます普及し一般化していきます。

そのため、EC事業者の目線で、ブランドイメージをきちんと体現する写真を撮影し、ECサイトや広告画像をデザインしていくことが必須となります。

そのような中で、弊社のような小規模EC事業の経験を持つ会社がこのようなサービスを展開していくことが求められているのではないかと考えています。