商品撮影は背景選びも大切!色や素材、大きさをわかりやすく解説

商品撮影は背景選びも大切!色や素材、大きさをわかりやすく解説

商品撮影をするときは、背景にもこだわる必要があります。
色や素材、大きさなどの選び方についてわかりやすく解説するので、ぜひ参考にしてください。
また、商品撮影を成功させるために背景以外のカギとなるポイントについても解説します。
ECサイトの売上を左右する大切なポイントばかりですので、ぜひご覧ください。

商品撮影に適した背景色とは?


背景色によっては、商品の魅力を倍増させることができます。
しかし、間違った色を選ぶと、商品が魅力的に見えないだけでなく、全体的に暗すぎる・明るすぎる写真になったり、商品に背景の色が写り込んだりするため、商品本来の色が伝わりにくくなることがあるでしょう。
商品撮影には、背景色選びが大切です。どのようなポイントで選ぶことができるのか、わかりやすく解説します。

基本は白

商品撮影の背景色の基本は白色です。
ECサイトに商品を掲載するとき、商品をおしゃれに見せることも場合によっては必要ですが、それ以上にわかりやすさが求められます。
商品の形状や色、ディテールなどが明確に表現されている写真が、ECサイトにとってベストな写真といえるでしょう。

実際に商品がわかりにくいと、お客様が必要としている情報をすべて伝えることができなくなります。よりわかりやすい写真を求めて別のサイトへと移ってしまう可能性もあるでしょう。
背景色に白を選ぶと、商品を際立たせ、よりわかりやすい写真に仕上げることが可能です。また、多くのショップが集まるECモールに出店する場合には、商品写真は白背景とすることがガイドラインの一つとなっていることもあります。

・白い背景が好まれる理由

白い背景がルールとなっているECモールに出店する場合でなくても、背景色は白色が好ましいとされてます。
その理由としては、お客様が白背景に目が慣れていて、違和感なく商品を識別できるという点が挙げられるでしょう。
実際にECサイトやECモールでは、多くの商品が白背景で撮影されています。
また、検索エンジンで表示されやすいことも白背景が好まれる理由の一つです。お客様が商品を検索すると、インターネット上の膨大な情報の中から検索語に該当する商品がAIなどで自動的にピックアップされて表示されます。白背景であればAIも正確に画像認識しやすく、検索結果として選ばれやすくなるでしょう。

商品の同系色あるいは補色

わかりやすさやAIによる画像認識のしやすさ、お客様が感じる違和感を減らすことなどを重視すれば、背景色は白に決まりです。実際に白背景の商品画像は多く、商品撮影の新常識となりつつあります。

しかし、あまりにも多すぎて他のECサイトとの差別化が図れないと感じるときは、白背景以外の背景色も検討してみましょう。また、白背景の商品画像とは別に、商品のイメージ画像やスタイリングの例を紹介するときも、白以外の背景色の写真が必要になります。

白以外の色を背景にするときは、商品の同系色を選ぶと、まとまりのある落ち着いた写真に仕上げられるでしょう。また、コントラストが強い補色(ほしょく)を選ぶことができます。補色とは色相環で反対に位置する色のことで、黄色と青紫、緑と赤紫、赤と青緑はそれぞれ補色の関係です。
例えば少し青みがかった小物を撮影するときは、真っ白ではなくやや黄味よりのアイボリーを背景に選ぶことができるでしょう。
アイボリーには優しいイメージがあり、やわらかい雰囲気に写真を仕上げます。
また、パープルがかった小物であれば、ライトグリーンの背景もおすすめです。ライトグリーンにはリラックス効果も期待でき、ナチュラルで清潔感のある写真に仕上がるでしょう。

多色使い

背景は基本的には単色ですが、あえて複数の色を組み合わせてみてはいかがでしょうか。
あまりにも色数が多いとまとまりがなく、見栄えが悪くなってしまうので、2色か3色に制限するほうが良いでしょう。
例えば、ブランドのイメージ色が複数あるときは、多色使いにすることで、よりブランドの世界観を表現しやすくなります。
また、あえて反対色を選ぶことで、アバンギャルドでおしゃれな雰囲気に仕上げられるかもしれません。

商品撮影の背景に適した素材とは?


背景を選ぶときは、色だけでなく素材にも注目してみましょう。商品撮影に使うことが多い素材として、次の3つが挙げられます。

  • 紙(背景紙、セットペーパー)
  • アクリル板

いずれも単価が高くないため、商品や表現したいイメージに合わせてさまざまな色や質感のものを揃えやすいでしょう。それぞれの素材の特徴についてわかりやすく解説します。

紙(背景紙、セットペーパー)

価格の安さやカラーの豊富さ、入手しやすさで選ぶなら、紙がおすすめです。商品撮影用の紙として「背景紙」や「セットペーパー」の名前で撮影機材を扱っているショップなどで販売されています。
コピー用紙やケント紙など文房具店で販売している紙でも問題はありませんが、厚みがない場合はテーブルなどが透けて見えることがあるので注意しましょう。

紙を背景として商品撮影をすると、ムラがなく、オーソドックスな写真に仕上がります。ECサイトの商品説明の写真としても使いやすいでしょう。また、豪華な雰囲気に仕上げたいときは、和紙もおすすめです。繊細な凹凸が商品を際立たせ、高級感ある写真に仕上がります。

高級感を演出したいときは、布もおすすめです。アクセサリーや食器、お菓子などは、布を背景にすると映えるでしょう。また、真っすぐに敷かずに、あえてドレープ(しわ)をつけ、重厚感のある雰囲気に仕上げることもできます。
紙は一度折り目がつくと元に戻せませんが、布はアイロンをかけて元通りにできる点も特徴です。異なる色味、質感の布をいくつか揃えておけば、商品撮影の幅も広がるでしょう。

アクリル板

清涼感を演出したいときは、アクリル板がおすすめです。アクリル板には商品が映り込むため、硬質でクールな雰囲気に仕上がります。
例えば、ガラスの食器や電子機器などは、アクリル板でクールさを強調してみてはいかがでしょうか。
アクリル板を背景に使うときは、指紋などをしっかりと拭き取っておくことが大切です。汚れや指紋などがついていると、クールさよりも不潔さが表現されてしまいます。ガラスを拭く布などを使い、きれいに拭いてから商品を載せましょう。

商品撮影の背景の大きさはどう決める?


背景は大きさにも注意が必要です。背景が小さすぎると写真の一部に背景以外が写り込んでしまいます。背景の大きさの選び方と目安について見ていきましょう。

80~110cm角が基本

背景が小さすぎるのもNGですが、大きすぎると扱いづらく、接写しにくくなるので注意が必要です。文房具店で購入できるケント紙は80~110cm角が基本なので、それを目安にしても良いかもしれません。サイズで販売しているときは、A0かB1を選びましょう。

余白は被写体の3倍サイズを目安にしよう

写真を撮影するときは、余白が被写体の3倍サイズになるように意識するとバランス良く仕上がります。背景紙や布を選ぶときも、被写体の3倍サイズ以上はあるのか確認しておきましょう。
なお、3倍サイズとは縦横に3倍のサイズです。背景を縦横3列の9マスとして考え、その真ん中のマスに被写体が収まるように配置しましょう。

テーブルのサイズに合わせるのもおすすめ

商品撮影を頻繁に行うときは、撮影に使うテーブルの大きさに背景紙をカットしておくと便利です。背景紙がずれないようにテープなどで留めておけば、いつでも写真を撮影できます。

スマホアプリなら背景の変更が簡単


写真の背景を簡単に変えられるスマホアプリを使えば、より変化に富んだ魅力的な商品撮影ができます。
無料で利用できるアプリも多いので、一度試してみましょう。手ぶれ補正機能や画像回転機能などもついていることがあるので、よりイメージに近い商品撮影を実施できることがあります。
また、背景色が多いのもアプリの特徴です。
紙や布を背景にする場合は、希望に合う色がないときは新しく購入しなくてはいけません。色数は無限大にあるわけではないため、画材店でも理想の色が見つからない可能性があるでしょう。
しかしアプリで背景を変えるときは、コード指定などによりほぼ無限大の選択肢から色を選べます。
ただし、スマホ本体のカメラ機能があまり優れていないときは、商品撮影に適した高画質の写真は撮れないでしょう。まずはお手持ちのスマホのカメラ機能をチェックしてみてください。

商品撮影時にこだわりたい背景以外のポイント


商品撮影が成功するかどうかは、背景によっても左右されます。適切な色と素材を選ぶこと、商品に合った十分な大きさを確保することで、イメージ通りの写真に近づけられるでしょう。
しかし、背景にこだわるだけでは理想の商品撮影は完成しません。次の2点にもこだわり、お客様を惹きつける商品写真に仕上げていきましょう。

  • ライティング
  • スタイリング

物撮りのコツについては、次の記事で詳しく解説しています。ぜひご覧ください。
商品撮影(物撮り)のコツを詳しく解説!スマホ撮影のポイントも紹介

ライティング

何か物足りないように感じる写真は、光量が不足していることが多いです。例えば自然光で撮影するとき、天候や商品を置く場所によっては十分な光が当たらず、写真全体が薄暗くなってしまうことがあります。
反対に光量が多すぎて白飛びしてしまうことや、影が濃く表れることもあるので注意が必要です。光量が足りないときはストロボ撮影や撮影ボックスの利用も検討してみましょう。また、商品に影が映り込まないように、光が当たる位置に配慮することも大切です。

スタイリング

商品だけを撮影するのも良いですが、何か小物を合わせてスタイリングしてみるのはいかがでしょうか。写真にストーリーが生まれ、よりスタイリッシュな印象に仕上がります。
ただし、スタイリングをするときは、商品を際立たせるように小物を配置することが不可欠です。難しく感じるときは、プロに撮影を依頼しましょう。

商品撮影のプロに相談してみよう

思うような写真を撮影できないときは、プロに相談してみることも解決法の一つです。ECサイトや商品案内ページに適した写真が必要なときは、商品撮影のプロに相談してみましょう。
ECサイトに掲載する写真はぜひEC・D2C 事業者様向けの物撮りサービスAirPhoto(エアフォト)にお任せください。商品の魅力を引き出す写真、お客様を購入のアクションに導く写真を撮影いたします。ぜひお気軽にお問い合わせください。

AirPhotoはこちら

売上に直結!丁寧に商品撮影を進めよう


商品撮影は、ECサイトやカタログを作成する上で重要な要素です。写真が不鮮明なときや魅力的な印象ではないときは、売上向上につながりにくくなることがあります。
商品撮影にお悩みのときは、ぜひEC・D2C 事業者様向けの物撮りサービスAirPhoto(エアフォト)にご相談ください。プロの経験と技術で適切な背景を選び、必要に応じてスタイリングして仕上げます。お気軽にお問い合わせください。

AirPhotoはこちら

AirPhotoにお問い合わせ

サービスに関するご質問や、ご意見・ご感想など、どんな内容でもけっこうです。お気軽にお問い合わせください。

AirPhoto公式アカウント

『スタイリング診断』が、あなたに最適なスタイリングをご提案📷
AirPhotoはTwitter、Instagramで最新情報をお届けしています。

  • twitter
  • instagram

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

©︎ AirPhoto All Rights Reserved.