EC運用担当者は覚えておきたい専門用語まとめ

EC運用担当者は覚えておきたい専門用語まとめ

WEB・EC運用担当者が覚えておきたいEC・WEB・マーケティングに関連する「専門用語」を解説付きでご紹介します。

あ行

RFM分析

過去の購買履歴を分析する方法。
最終購買日、購買頻度、累計購買金額の指標を用いる。

ROI (Return On Investment)

投資した資本に対して得られる利益の割合。
計算式:利益÷投資額= ROI

ROAS(Return On Advertising Spend)

使用した広告費用に対して、売上を計算する指標。広告が売上に繋がっているかを把握する際に用いられる。

アクセス解析

Google Analytics等でWEBサイトへのアクセス数を管理・対策を行うこと。

アドネットワーク

複数の広告媒体を集約して作られた広告配信ネットワークに広告を配信する仕組みのこと。

アフィリエイト広告

WEBサイトやブログなどに広告掲載を行い、成果報酬型で報酬を支払う広告

EC化率

全体の売上のうち、ECの売上が占める割合のこと。

EFO(Entry Form Optimization)

入力フォーム最適化のことであり、入力フォームの改善を行うことで、問い合わせ数の増加を図る。

インプレッション

広告の露出回数のことで、広告の効果を計測する指標に用いられる。

A/Bテスト

WEBサイトや広告を最適化する為に、A 案とB 案をテストする手法のこと。

SEO(Search Engine Optimization)

検索エンジン検索エンジン最適化のことで、GoogleやYahooといった検索エンジン経由でユーザーを呼び込む方法。

LTV(Lifetime Value)

顧客が企業にもたらす利益のことをいう。顧客ロイヤリティを高めることで、長期的な売上に繋がる。

LPO(Landing Page Optimization)

ランディングページの最適化を行うこと。
ランディングページを調整・改善することで売上拡大に繋げる。

エンゲージメント

定義は様々あるが「つながり」のことを指すことが多く、エンゲージメントが高い顧客は、サービスやブランドにポジティブな印象を持つ。

か行

客単価

注文をしたユーザーが1回の買い物で支払う平均購入額のことである。

Google Analytics

Googleが提供する分析ツールで、サイト訪問者の動向、サイトの問題点が確認でからツール。
ECやWEBサイトの分析ツールで圧倒的シェアを誇る。

Google AdWords

Googleが提供する広告配信サービス。
検索エンジンに連動した広告やYoutube広告等が配信できる為、高い広告効果を期待できる

KPI(Key Performance Indicator)

目標達成度を定量的に把握する為の指標で、目標を達成する為に定める重要な指標である。

コンバージョン

WEB サイトや広告で獲得する成果のことで、会員獲得やECの購買がコンバージョンにあたる。

さ行

ささげ

撮影・ 採寸・ 原稿のことをいう。
ECサイトで商品を販売にするにあたり、必要となる作業のことを指す用語。

サブスクリプション

EC通販においては、契約期間中に定期的に商品を届ける、定期購入型の販売方式を指す。

CRM(Customer Relationship Management)

顧客と継続的な関係を構築し、最適なマーケティングを行う方法。ニーズに合わせたマーケティングで、売上の向上を図る。

CMS(Contents Management System)

WEBサイト等を管理・構成するコンテンツの管理・編集システムのこと。

CTR(Click Through Rate)

広告がクリックされた割合のことで、広告の効果を計る指標である。

CPA(Cost Per Action)

広告の費用対効果のことで、1商品を販売する際に掛かった費用のこと。

CPM

インターネット広告の配信単価で、表示回数1,000 回あたりに掛かる単価をのことである。

CPC(Cost Per Click)

クリックの費用対効果を図る指標で、1 アクセスを獲得するために掛かった費用をいう。

CVR(Conversion Rate)

WEBサイトを訪れたユーザーに対して、商品を購入したユーザーの割合のことである

た行

ターゲティング広告

特定のターゲットに配信する広告のことで、効率的に広告を配信する事が可能となる。

直帰率

全体のWEBサイトを訪れたユーザーのうち、他のページを閲覧せずに離脱してしまったユーザーの割合。

DSP(Demand-Side Platform)

広告配信、広告在庫の買い付け、ターゲティング等を一括して行うことで、広告効果の最大化を支援するツールのこと。

DMP(Data Management Platform)

インターネット上のビッグデータ、自社サイトのデータ等を統合・分析して、広告配信に活用する為のプラットフォーム。

ディスプレイ広告

画像や動画などのクリエイティブを活用したWEB広告のこと。

トランザクション

アクションやデータのことで、一つの情報処理単位を指す。
ECで買い物をした際に発行されるデータがトランザクションデータとなる。

な行

ネットオークション

インターネット上で行われる入札方式のオークションであり、CtoCの販売等にも活用されている。

は行

バナー広告

画像にリンクを設定して配信する広告のことで、バナー広告からECサイトやWEBサイトへ誘導する仕組み。

B to B

企業間の取引のことで、ビジネスユーザーに向けて提供するサービスなどを含めた事業のことである。

B to C

企業と個人の取引のことで、一般消費者に向けて提供するサービスを指す。

ビッグデータ

大規模なデジタルデータのことで、ビッグデータを分析して、様々な分野で活用する動きが広がっている。

PDCA(Plan-Do-Check-Act cycle)

一般的な業務の管理方法で、Plan(計画)→ Do(実行)→ Check(評価)→ Act(改善)を繰り返す事で、継続的な改善を行うプロセス。

PV(ページビュー)

WEBサイトの閲覧数で最も一般的な指標。
1ページ閲覧することで、1 PVとなる。

ま行

マーケティングオートメーション

顧客とのコミュニケーションをオートメーション化するシステムであり、デジタルマーケティングで活用される手法のこと。

メールマーケティング

配信リストに対してメールを配信することで、集客や商品の販売、ファンの育成、を行う施策。
や行

UX(User experience)

ユーザー体験のこと。ユーザーが、ひとつの製品・サービスを通じて得られる体験を指す。

UI(User Interface)

ユーザーとサービスの接点のことで、WEBサイトでは、サイトデザインや文字フォント、画像、動画など、ユーザーとの接点全てがUIにあたります。

UU(Unique Users)

WEBにアクセスしたユーザー数のこと。
複数回訪問したユーザーは1ユーザーと数えられ、1UUとなる。

ら行

ライブコマース

ライブ配信で、商品を販売する手法。
リアルタイムに閲覧することができるため、インターネット上で、接客する事もできる。

ランディングページ(LP)

訪問者が初めに着地するページのことで、広告や検索エンジンなどから流入してきたユーザーが最初に閲覧するWEBページのことを指す。

リーチ

広告の効果を測る指標で、どれだけターゲットに広告が到達したかを図る際に活用される。

リード

広告などを通じて獲得した見込み顧客のことを指す。

リスティング広告

GoogleやYahooなどの検索エンジンで、検索したキーワードと関連性の高い広告を検索上位に表示する広告のことである。

リターゲティング広告

自社サイトを訪問したユーザーに対して、再来訪を促すWEBの広告手法。
興味関心が高いユーザーに絞った配信が可能となる為、高い効果が見込まれる。

リピート率

購入経験のあるユーザーのうち、再度購入してくれたユーザーの割合を指す。

レビュー

商品に対しての感想のことで、お客様の声などで、WEBサイトやECで活用されている。

わ行

1to1マーケティング

ひとりひとりのユーザー嗜好に合わせて行うマーケティング活動のこと。

AirPhotoにお問い合わせ

サービスに関するご質問や、ご意見・ご感想など、どんな内容でもけっこうです。お気軽にお問い合わせください。

AirPhoto公式アカウント

『スタイリング診断』が、あなたに最適なスタイリングをご提案📷
AirPhotoはTwitter、Instagramで最新情報をお届けしています。

  • twitter
  • instagram

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

©︎ AirPhoto All Rights Reserved.