印象的なWeb広告に仕上げるための写真選びとは?注意点も詳しく解説

印象的なWeb広告に仕上げるための写真選びとは?注意点も詳しく解説

思わずクリックしたくなるWeb広告に仕上げるためには、写真の選び方も重要な意味を持ちます。
どのような写真を選べばより印象的なWeb広告になるのか、また、注意するべき点についてまとめました。
写真撮影のコツも紹介するので、ぜひ参考にしてください。

Web広告における写真の重要性


Web広告では、写真を掲載しなくてはいけないわけではありません。
しかし、文字ばかりの広告よりも写真があることでお客様の目を引きやすくなり、クリックしてもらいやすくなるでしょう。
また、適切な写真をつけることで、文章の内容が理解しやすくなるというメリットもあります。
どんなにお客様にとって有意義な情報でも、文字の羅列だけでは最後まで読んでもらえないかもしれません。
適切な場所に適切な写真を配置し、文章を読ませる仕組みにしておくことが大切です。

Web広告に適した写真に仕上げるポイント

Web広告に写真を掲載すると、お客様の目に留まりやすくなるだけでなく、文章を最後まで読んでもらいやすくなり、さらには伝えたいことを理解してもらいやすくなります。
しかし、写真であれば何でも良いというわけではありません。次の7つのポイントに留意し、Web広告に適した写真に仕上げていきましょう。

  • 明るさを調整する
  • コントラストを調整する
  • オブジェクトを絞る
  • 余白を作る
  • 適切なテキストを挿入する
  • スタイリング写真を活用する
  • 人物の写真も活用する

それぞれのポイントについて解説します。

明るさを調整する

写真が暗いとWeb広告全体も暗い印象になってしまいます。写真の明るさを調整して、お客様を惹きつけるようにしましょう。
ただし、明るすぎると写真が白飛びしてしまい、不鮮明な印象になってしまいます。また、商品を販売する目的のWeb広告の場合、商品本来の色が伝わらず、お客様に正確な情報を伝えることができません。商品そのものの色を伝えつつ、影が映り込まない程度に明るさを調整するようにしましょう。

コントラストを調整する

明るさを調整すると写真全体が白っぽく仕上がり、微妙な色の差が出にくくなることがあります。
そのようなときはコントラストを調整し、明るさの中にも違いが明瞭に表現できるようにしておきましょう。
ただし、コントラストが強くなり過ぎると、きつい印象を与えることもあります。写真で伝えたいイメージが「柔らかさ」や「暖かさ」のときは、コントラストが強くなり過ぎないように調整することも必要です。

オブジェクトを絞る

写真のオブジェクト(対象物)を絞ることで、お客様に伝えたい商品や内容が明確になります。写真の中に含まれる情報量が多すぎると、お客様を迷わせるだけでなく、Web広告の印象も薄まってしまう可能性があるでしょう。
特にバナー広告のように小さなスペースに掲載する写真は、オブジェクトを絞り、情報を厳選して掲載することが大切です。

余白を作る

写真いっぱいにオブジェクトが写っていると、後でテキストを入れることができません。
無理に入れることはできますが、テキストとオブジェクトが重なるとごちゃごちゃとした印象になり、おしゃれですっきりとした印象からは遠のきます。
また、ある程度余白があると、後で切り抜いたり別の写真と組み合わせたりしやすくなるので便利です。オブジェクトのアップ画が必要なときは拡大するだけで済むので、最初から余白を多めに撮影するようにしましょう。

適切なテキストを挿入する

文章と写真を分けて掲載するのも問題はありません。
しかし、Web広告のスペースには限りがあるので、効率良くスペースを使うためにも、写真の余白部分に適切なテキストを挿入するようにしましょう。
ただし、オブジェクトを絞ったすっきりとした写真をベースにしても、テキストの分量が多すぎるとWeb広告全体が煩雑な印象になってしまいます。文章を練り、文字数を絞り込んだテキストに仕上げましょう。

図形にテキストを重ねる方法もおすすめ

テキストをより目立たせたいときには、写真に図形を重ね、図形の中にテキストを入れ込むようにしましょう。
写真の色合いとテキストの色が似ているときでも、間に図形を挟むことで文字が読みやすくなります。
また、日時や住所などの重要性が高く、文字が小さくなる可能性があるテキストでも、白背景などの図形の上に記載すれば、明瞭にお客様に伝えることが可能です。

文字のフォントや色も吟味しよう

テキストのフォントや色も重要なポイントです。フォントにはそれぞれニュアンスがあります。
Web広告で伝えたい内容を固い雰囲気やカジュアルな空気感、個性的な印象などに分析し、適切なフォントを選びましょう。
また、文字の色として、写真や図形などの下地になる部分と類似した色を選ぶと、テキストのインパクトが弱まります。
反対にまったく異なる色を選ぶと、テキストのインパクトが強くなり、個性的な雰囲気が出るでしょう。
なお、文字の色は、写真や図形などの下地よりも濃い色を選ぶと、馴染みつつ読みやすさもキープできます。濃淡だけ異なる同系色でまとめると、写真全体も落ち着いた雰囲気に仕上がるでしょう。

バナー画像とテキストをバランスのよい比率に仕上げる

テキストがあることで、よりお客様にWeb広告の内容が伝わりやすくなります。
しかし、あまりにもテキストの分量が多いと、お客様がすべてを読まなくなる可能性があるため注意が必要です。特にスペースが小さいバナー画像にテキストを入れるときは、写真とテキストの比率を意識して、バランスの良いWeb広告に仕上げましょう。

スタイリング写真を活用する

オブジェクトを絞った写真を選ぶことで、Web広告がすっきりと伝わりやすいものに仕上がります。
しかし、オブジェクトだけを撮影すると、場合によっては寂しい印象になりかねません。
オブジェクトを引き立てる小物をいくつか配置し、より洗練された印象に仕上げる「スタイリング写真」にしてみてはいかがでしょうか。ただし、小物が大きすぎるときや配置に問題があるときは、オブジェクトが引き立たず、印象の薄い写真になる恐れがあります。
スタイリング写真を撮影したいときは、スタイリングを得意とするプロに相談してみましょう。

人物の写真も活用する

Web広告に人物の写真を使うことで、よりお客様の関心や視線を集めることができます。
広告内容にもよりますが、人物の写真も検討してみましょう。

Web広告に写真を使う際の注意点


Web広告に写真を使うときは、次の3つのポイントに注意が必要です。

  • 文字を重ねるときはシンプルな写真を選ぶ
  • フリー素材は著作権フリーとは限らない
  • 配信プラットフォームに合わせた写真を選ぶ

それぞれのポイントについて解説します。

文字を重ねるときはシンプルな写真を選ぶ

文字を入れると情報量が多くなり、ごちゃごちゃとした印象になってしまうことがあります。
特に文字と写真が重なっていると、煩雑な印象になるでしょう。余白以外に文字を入れるときはシンプルな写真を選ぶことが大切です。

フリー素材は著作権フリーとは限らない

インターネット上では多くの写真が「フリー素材」として無料で公開されています。
しかし、フリー素材とは「条件を満たせば無料で使える」素材であり、必ずしも著作権フリーとは限らないので注意しましょう。サイズを変えるなどの加工が禁じられている写真、営利目的の使用が禁じられている写真、クレジット表記が必須の写真などもあります。

配信プラットフォームに合わせた写真を選ぶ

Web広告の配信プラットフォームによっても、適した写真は異なります。
例えば、Instagramであれば表示される幅が決まっているため、横長の写真を選ぶと、写真全体のサイズが小さくなるので注意が必要です。また、Googleでは広告スペースによってサイズが決まっています。定められた縦横比の中で伝えたいことが伝わる写真を選びましょう。

Web広告の写真を撮影する3つのコツ


Web広告の写真を自社で準備すれば、フリー素材とは異なり、加工可能か、著作権フリーかどうかをチェックする必要がありません。
次の3つのコツに留意し、Web広告に適した写真を準備しましょう。

  1. 提供者側の人柄などが伝わる写真に仕上げる
  2. 企業やサービスのイメージカラーを使用する
  3. プロに撮影を依頼する

それぞれのコツを解説します。

1.提供者側の人柄などが伝わる写真に仕上げる

モデルを使う写真も良いのですが、提供者の人柄を伝えるためにも、製造者や販売担当者などの写真もおすすめです。
提供者側の顔が見えると、お客様は安心して購入できるようになります。

2.企業やサービスのイメージカラーを使用する

企業やサービスのイメージカラーを写真に使用することで、よりインパクトのある写真に仕上げることができます。
背景やテキスト、人物の服などにイメージカラーを選んでみてはいかがでしょうか。

3.プロに撮影を依頼する

写真の出来栄えによって、Web広告は大きく左右されます。思うような写真を撮影できないときは、プロに依頼してみるのも一つの方法です。
Web広告に掲載する写真はぜひEC・D2C 事業者様向けの物撮りサービスAirPhoto(エアフォト)にお任せください。
お客様の興味を引き、購入意欲を高める写真を撮影いたします。ぜひお気軽にお問い合わせください。

AirPhotoはこちら

写真はWeb広告を左右する重要な要素

写真はWeb広告を左右する重要な要素です。写真が魅力的であれば、お客様は興味を持ち、クリックして、商品についてのより詳細な情報を入手したいと感じてくれるでしょう。
Web広告に掲載する写真はぜひAirPhoto(エアフォト)にお任せください。AirPhotoでは商品を引き立てるスタイリング写真も専門としております。ぜひお気軽にお問い合わせください。

AirPhotoはこちら

AirPhotoにお問い合わせ

サービスに関するご質問や、ご意見・ご感想など、どんな内容でもけっこうです。お気軽にお問い合わせください。

AirPhoto公式アカウント

『スタイリング診断』が、あなたに最適なスタイリングをご提案📷
AirPhotoはTwitter、Instagramで最新情報をお届けしています。

  • twitter
  • instagram

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

©︎ AirPhoto All Rights Reserved.