【楽天市場の商品画像】ガイドラインやサイズ、売れる写真撮影のコツを紹介

【楽天市場の商品画像】ガイドラインやサイズ、売れる写真撮影のコツを紹介

楽天市場の商品画像には、細かく規定が定められています。また、写真を掲載する場所によっても規定が異なるため注意が必要です。商品画像に関するガイドラインや推奨サイズ、売れる写真を撮影するコツについてまとめて紹介します。

目次

楽天市場の商品画像ガイドライン

楽天市場の商品画像ガイドライン
楽天市場では、商品ページに掲載する商品画像のガイドラインとして次の4点を定めています。

  • 画像ファイルの容量は2MB以内
  • 横3840×縦3840pixelまで
  • ファイル形式はgifかjpg
  • 20枚以下に収める

それぞれどのような規定か、簡単に説明します。

画像ファイルの容量は2MB以内

楽天市場に出店するときは、商品画像1枚あたりのデータ容量は2,000KB(2MB)までと定められています。そのため、あまりにも解像度が高いハイクオリティな写真を撮影すると、容量がオーバーしてしまい楽天市場のページには掲載できなくなるので注意しましょう。

画像の品質を落とさずにデータ容量を圧縮する方法としては、画像圧縮サイトの利用をおすすめします。画像圧縮サイトで圧縮しても2MBを超えてしまう場合は、写真を撮り直しましょう。

横3840pixel×縦3840pixelまで

画像サイズは横3840pixel、縦3840pixelまでと定められています。しかし、実際に3840pixel×3840pixelの写真に仕上げると、データ容量が規定を超える可能性があるだけでなく、データが重く表示までに時間がかかってしまう可能性もあります。
とはいえあまりにも小さいサイズにすると、パソコンで表示したときに不自然な印象になったり見にくくなったりする恐れがあるため、できれば画像サイズは700pixel×700pixel程度に揃えておくことをおすすめします。

ファイル形式はgifかjpg

楽天市場で登録できる画像は、以下のいずれかのファイル形式のみです。

  • gif
  • gifアニメ
  • jpg
  • tif
  • png
  • bmp

ただし、gifとjpg以外のファイル形式で登録すると、登録時に自動的jpgに変換されてしまいます。写真の透明度が失われたり、画像サイズが極端に小さくなったりする可能性もあるので、前もってgifかjpgで登録するようにしましょう。

出来る限り多くの写真を登録する

楽天市場の商品ページに表示できる写真の枚数は、20枚までです。
楽天市場などのネットショップは、ユーザーの多くがスマートフォンで閲覧します。登録する際は、出来る限り多くの写真を登録し、スマホの基準に合わせて登録するように心がけましょう。

サムネイル画像(1枚目)のガイドライン

サムネイル画像(1枚目)のガイドライン
楽天市場に掲載する写真は、紹介した4つのルールに沿っていることが求められます。ただし、サムネイル画像(1枚目に表示される写真)は、紹介したルールに加え、次の4つのルールにも沿っていることが必要です。

  • テキスト占有率は20%以下
  • 枠線は用いない
  • 背景は白無地か写真
  • アニメーションは不可

それぞれのルールについて見ていきましょう。

テキスト占有率は20%以下

楽天市場に掲載する写真には、テキストを含めることができます。しかし、サムネイル画像にテキストを含めるときは、テキストの占有率が20%以下になるように調整してください。

テキストの占有率は、写真に縦9本、横9本の線を等分になるように入れて100分割すると分かりやすくなります。分割したコマの中にテキストが少しでもかかっているときは1%とカウントしましょう。20を超えるコマにテキストがかかっていると、占有率は20%を超えるため、1枚目の画像に設定することができません。
なお、テキストは文字だけではありません。写真に描いた線やイラスト、ロゴなどもすべてテキストとしてカウントされます。ただし、カラーバリエーションを示すための色見本(カラーサムネイル)に関してはテキストから除外されます。

枠線は用いない

1枚目の画像に指定した商品画像は、楽天市場内で検索機能を使ったときにサムネイル画像として表示されます。同じ商品を扱っているショップが楽天市場内にある場合は、少しでもユーザーの目に留まるように1枚目の画像を枠線で囲むなどの工夫をしたいと考えるかもしれません。

しかし、サムネイル画像に関しては枠線の使用は禁じられています。サムネイル画像を目立たせたいときは、枠線以外の工夫、例えば画像自体を魅力的にブラッシュアップしたり、印象的なテキストを含めたりするようにしましょう。
なお、枠線とは四方を線で囲んだものだけを指すのではありません。四方のうちいずれか一辺でも線状のもので覆われていると、枠線だと判断されることがあります。また、境界線のように見える線、小さなものやドットなどを並べて枠状に見える場合も枠線と判断される可能性があるので注意が必要です。

背景は白無地か写真

サムネイル画像の背景は白無地か写真でなくてはいけません。なお、白無地とは、RGB値がR255、G255、B255のものを指します。カラーコードで指定するときは#FFFFFFです。
また、写真背景とは、商品を撮影した状態そのままの背景を指します。他の写真と合成したり、背景色を白以外に変更したときは、写真背景とは判断されないためルール違反になる可能性があります。

アニメーションは不可

楽天市場の商品画像のファイル形式は、gifアニメも利用できます。しかし、サムネイル画像には指定できないので、2枚目以降に使用するようにしましょう。
動画を活用すると、商品の機能や使用例などを効果的に表現することができます。画像やテキストだけでは伝えられないことがあるときは、2枚目以降に動画をgifアニメのファイル形式で登録しておきましょう。

売れる商品画像を撮影するポイント

売れる商品画像を撮影するポイント
楽天市場の商品画像は、紹介したガイドラインをすべて遵守することが大切です。そのうえで、次のポイントに留意して、売れる商品画像に仕上げていきましょう。

  • わかりやすさを心がける
  • テキストを吟味する
  • ユーザーの知りたいことを表現する
  • スマホで閲覧したケースに最適化する
  • 実物の色を正確に表現する
  • 歪みに注意をする

それぞれのポイントについて説明します。

わかりやすさを心がける

商品画像と通常の写真とは異なります。通常の写真は被写体を魅力的に見せること、風景などを美しくあるいはお洒落な雰囲気になるように撮影することが目的です。商品画像も被写体を魅力的に見せるほうが好ましいですが、それ以上に「わかりやすさ」を心がけることが求められます。
例えば、素晴らしい景色を背景に美しいモデルがカーディガンを羽織っている写真は、写真としての価値は高くても、カーディガンの商品画像としては不適切になるかもしれません。商品画像はあくまでも「商品の様子がよくわかること」を目的としているため、カーディガンの色味や質感、サイズ感などを正確に伝えることが最優先される必要があります。

商品のジャンルにもよりますが、次のポイントがわかりやすく伝わっているか吟味して、適切な写真を商品画像として選びましょう。

  • 商品の色
  • 商品の質感
  • カラーバリエーション、デザインのバリエーション
  • サイズ感
  • 特徴(凝っている部分やロゴなど)
  • コーディネート例、使用するシチュエーション

商品ページには20枚登録できますが、上記のポイントが網羅されるように最低でも6枚まで登録するように意識して、商品画像を完成させていきましょう。

テキストを吟味する

画像だけで伝えられない情報は、画像の上にテキストを重ねて伝えることができます。また、掲載する商品画像は2枚目以降であれば写真である必要はないので、ユーザーに特に知ってもらいたい内容をテキストだけでまとめてファイルにし、他の商品画像と一緒に登録するのもおすすめです。
テキストは、可能な限り簡潔でわかりやすいものであるようにしましょう。長々と書いても、ユーザーに最後まで読んでもらえるとは限りません。短い文章で要点だけを記載すると、ユーザーの理解を深めることができます。文章が長くなり過ぎそうなときは、箇条書きでまとめると見やすくなるでしょう。

サムネイル画像ではテキスト占有率が20%以下という制約があるため、2枚目以降よりもさらに簡潔でわかりやすいキャッチコピーが求められます。次のポイントを意識すると、短い文章でユーザーに刺さるキャッチコピーに仕上がります。

  • テキストはなるべく短く
  • 商品のすべてを紹介する文章ではなく、商品への興味をかきたてる文章にする
  • ターゲットがわかるようにする
  • ターゲットにとっての商品のメリット・強みを盛り込む
  • 画像とのバランスが取れたフォントと色を選ぶ

テキストが長くなった場合でも、文字のサイズを小さくすればテキスト占有率を20%以下に抑えることが可能です。しかし、1枚目の画像は楽天市場内の検索でサムネイル画像として使われるため、縮小して掲載されることが前提となっています。文字サイズを小さくし過ぎるとテキストを判別できなくなるので、あまりおすすめできません。

また、商品のすべてがわかるようなテキストにすると、ユーザーの興味を引き出すことができません。商品について興味を引くことだけに注目し、商品の具体的な説明は1枚目のキャッチコピーには入れないでおきましょう。
例えば、「起毛素材で温かい!カラーバリエーション20種類の室内履きにも使える靴下」と書いてしまうと、商品についてほとんどの情報が含まれているため、ユーザーの興味を引き出せない可能性があります。「100万足突破!つらい冷え性を足元から撃退」と人気具合をアピールするほうが、ユーザーの興味を引き出し、クリックにつなげられるでしょう。

キャッチコピーにはターゲットがわかるような言葉を含めることもポイントです。先程の例であれば「つらい冷え性」の方がターゲットであることがわかります。キャッチコピーを見たときにユーザーが「これは自分向けの商品だ」と感じられるようにすることが大切です。
また、ターゲットにとってのメリットや強みも入れておきましょう。字数があまり長くなるときは省いても構いませんが、買いたい気持ちを引き出すためにも盛り込んでおきます。

最後はテキストのフォントと色です。フォントと色を変えるだけでも1枚目の画像の雰囲気が左右されるので、色々変えてみて、しっくりとくるものを選んでください。

ユーザーの知りたいことを表現する

商品画像は、ユーザーの知りたいことを表現していなくてはいけません。例えば、バッグならば、色や素材だけでなく、実際に持ったときのサイズ感、どのようなファッションと合わせやすいのか、内部の仕切りやポケットなどもユーザーには必要な情報です。

商品単体の画像以外にも、内部の画像、特徴的な機能(左右両方から開閉できるファスナー、防水加工、2種類のストラップがついている)がわかる画像、モデルが持っている画像、カラーバリエーションの画像などを含め、最低でも6枚ですべての情報を伝えるように構成すると良いでしょう。
なお、画像を撮影する前に何人かと話し合って、その商品についてどのような情報を知りたいのか分析しておくと、ユーザーニーズを網羅できるようになるでしょう。商品ごとに次のような画像案を決めておくと、撮影がスムーズに進みます。

  • 1枚目画像:正面写真
  • 2枚目画像:横からの写真
  • 3枚目画像:内部写真
  • 4枚目画像:ファスナー拡大
  • 5枚目画像:ストラップ拡大
  • 6枚目画像:モデル着用写真

また、ユーザーからの問い合わせを反映することも大切です。ユーザーから商品に対する問い合わせが来たときは、画像から十分な情報を得られていない可能性が想定されます。ユーザーの疑問に応える画像を新たに作成し、必要度が低い画像と差し替え、あるいは組み合わせるようにしましょう。

スマホで閲覧したケースに最適化する

2019年の時点で楽天市場のユーザーは約4,800万人ですが、そのうちスマホだけで楽天市場を利用する方は約3,760万人、パソコンのみのユーザーは約370万人、スマホとパソコンを併用するユーザーは約680万人といわれています。
つまり、ほとんどの方がスマホのみで楽天市場を利用しているのです。楽天市場に掲載する商品画像はパソコンで編集することが多いと思われますが、必ずスマホで閲覧した状態を確認し、スマホで最適化されるように調整しておきましょう。

参考:ニールセン「ニールセンECサービスの利用状況を発表 - Nielsen

実物の色を正確に表現する

商品画像は、実物の色を正確に表現することが大切です。色味に違和感があると、ユーザーが返品する可能性が生じます。
また、ユーザーが「商品ページの内容と全く違うものが届いた」と判断するときは、楽天市場の「あんしんショッピングサービス」という補償サービスの対象となる可能性があります。

「あんしんショッピングサービス」は、ユーザーにとっては適切な補償が得られる嬉しいサービスですが、ショップにとってはあまり嬉しいことにはなりません。楽天市場から何らかの調査が実施されたり、ペナルティ対象となったりする可能性も想定されるので注意が必要です。
返品率を下げるためにも、商品画像が商品を正確に表現しているか確認しておきましょう。

歪みに注意をする

商品画像の中に歪みが生じ、商品の実際の形状とは異なる形になることもあるので注意しましょう。特に広角レンズを使って撮影すると、歪みが生じやすくなります。
歪みのある商品画像は不自然な印象を与えるだけでなく、「実物と写真が違う」という理由での返品につながることもあります。標準レンズか望遠レンズで撮影し、歪みが生じないようにしておきましょう。

白背景の商品画像を登録するメリット

白背景の商品画像を登録するメリット
楽天市場の1枚目の画像は、白背景か写真背景に限られています。どちらでも問題はないのですが、できれば白背景にしておきましょう。白背景は商品をくっきりと際立たせるため、写真背景よりもインパクトが強くなります。
なお、1枚目の画像を白背景にする場合、以下の条件をすべて満たすようにすると、楽天市場のガイドラインを守り、なおかつスマホで軽快に表示できるようになります。

  • 背景色:RGB値(R255、G255、B255)、カラーコード(#FFFFFF)
  • データ容量:2MB以下
  • テキスト:文字やイラスト、ロゴ、枠線はすべて入れない
  • 画像サイズ:縦横のいずれかが600pixel以上、なおかつ1600pixel×1200pixel以内
  • ファイル形式:jpg

楽天市場の特集ページに掲載されやすい

上記の条件を満たすテキストなしの白背景の商品画像を作成しておくと、楽天市場の特集ページに掲載されやすくなります。楽天市場の特集ページをチェックするユーザーは多いので、商品画像が掲載されると商品ページへの流入を期待できます。

Google検索で表示されやすい

商品を探すときに、楽天市場の検索窓を使うユーザーもいますが、Google検索を使うユーザーも多いです。Google検索は利用者の多い検索サービスなので、検索結果に表示されると多くのユーザー流入を期待できるでしょう。
楽天市場の1枚目の画像として白背景の商品画像を登録していると、Google検索の画像検索結果として表示されることがあります。ユーザーの目に触れる機会を増やすためにも、白背景の商品画像を登録しておきましょう。

Googleショッピングで表示されやすい

Google検索では次の手順でショッピング専用の検索も行えます。

  1. Google検索の検索窓にキーワードを入力する
  2. 結果表示後、「ショッピング」のタブをクリックする

Google自体にはショッピングモールはないため、Googleショッピングで表示される画像はインターネット上に登録されているネットショップのものです。楽天市場の商品ページの1枚目の画像として白背景の商品画像を登録していると、Googleショッピングでも表示される可能性があるので、ぜひ登録しておきましょう。

なお、Googleでは広告費を支払うことで検索結果の広告枠に表示してもらうこともできますが、Googleショッピングでの表示は広告費不要です。ランダムに表示されるため、条件を満たした白背景の商品画像を登録したとしても必ず表示されるとは限りません。しかし、無料で表示される機会を逃さないためにも、白背景の画像は準備しておきましょう。

Googleショッピングに掲載される仕組みや手順については、次の記事で詳しく解説しています。ぜひご覧ください。
Googleショッピングに無料で商品掲載ができる!仕組みや手順・注意点を解説

ガイドラインに違反するとどうなる?

ガイドラインに違反するとどうなる?
楽天市場では、規定に違反したときは違反点数を加算する「違反点数制度」を導入しています。商品画像のガイドラインにおいても、違反した場合はペナルティの対象となり、違反点数として5点が加算されます。

なお、違反点数や違反レベルによって次のペナルティが実施されることがあるので注意しましょう。

  • ランキングへの掲載が制限される
  • 検索順位が下がる
  • 一部の媒体に対しては掲載制限が実施される
  • R-Mailサービスの利用が制限される
  • 違約金が発生する
  • 楽天市場との契約が解除される

いずれも楽天市場での販売活動に大きな影響を及ぼすペナルティです。なお、違反点数は年間積算制のため、毎年1月1日にはリセットされます。

物撮り・商品撮影のコツを詳しく解説!スマホ撮影のポイントも紹介

楽天市場で売れる商品画像はプロに任せよう

楽天市場で売れる商品画像はプロに任せよう
楽天市場はユーザーが多く、商品の大ヒットも見込めるインターネットショッピングモールです。しかし、守るべきルールも多く、特に商品画像についてはテキスト占有率や画像サイズ、ファイル形式など細かく規定が定められています。
また、ガイドラインに合わない商品画像を登録したときは、ペナルティの対象となることがあるので注意しましょう。検索順位が下がる、楽天市場との契約が解除されるなどの大きなダメージを受けることもあります。

ガイドラインに合う商品画像であっても、商品を正確に表現していないときは返品率が増えるので注意が必要です。ユーザーが「あんしんショッピングサービス」を通して返品する場合は、楽天市場から何らかの調査やペナルティが実施されることもあるかもしれません。

ガイドラインを適切に満たし、なおかつ商品を正確に表現する商品画像を撮影するためにも、プロに任せるのはいかがでしょうか。ネットショップの商品画像を専門的に扱う撮影会社なら、楽天市場のガイドラインに沿った写真に仕上げてもらえます。
また、プロならではの技術で訴求力の高い写真が完成するのもメリットです。商品画像についてのお悩みは、ぜひAirPhotoにご相談ください。AirPhotoでは楽天市場のガイドラインに沿い、なおかつ商品の魅力を引き出す写真を得意としております。お気軽にお問い合わせください。

ap_photo_btn.jpg

お問い合わせはこちら

お急ぎの場合はこちら:03-6824-2695

撮影実績紹介

【撮影実績】TEMPEST様


クライアント:TEMPEST株式会社様
撮影内容:フットボール用品
コメント:アメフト日本代表選手が開発したグローブ。現場での経験とフィードバックを細部にわたって反映しました。プロフェッショナルの視点で製造したこのグローブはプレーの質を最大化させます。

株式会社順意様


ブランド名:CandyKiki
撮影内容:クッキングマットの撮影
コメント:背景を真っ白にする場合、単純に明るく撮影をすると商品自体が白飛びをしてしまいます。そのため商品が綺麗に見える明るさで撮影をし、背景はレタッチで調整して仕上げました。

ドクタースパ・クリニック様


クライアント:ドクタースパ・クリニック様
撮影内容:サプリ
コメント:瓶を正面と横に置き、片方は中のサプリが見れるようにスタイリングを行い撮影いたしました。瓶蓋にはハイライトを入れ、光沢感を引き立たせました。

撮影実績をもっと見る >

商品画像はぜひご相談ください

商品画像はぜひご相談ください
楽天市場に出店するときは、楽天市場のガイドラインを満たす商品画像を登録しなくてはいけません。ガイドラインをすべて満たし、なおかつ商品の色や特徴を正確に表現する写真を撮影することは、楽天市場で商品を売る際に必要最低限のルールといえます。

とはいえ、すべての商品画像をルールに沿って撮影することは容易ではありません。特に商品数が多いときは負担が増えます。また、Yahoo!ショッピングやAmazonなどの他のインターネットショッピングモールにも出店している場合には、それぞれのガイドラインを満たした商品画像を準備しなくてはいけません。

各ショッピングモールのルールに沿った商品画像は、商品画像のプロに任せてみてはいかがでしょうか。AirPhotoではショッピングモールごとのガイドラインを正確に把握し、適切な商品画像に仕上げます。お気軽にお問い合わせください。

ap_photo_btn.jpg

お問い合わせはこちら

お急ぎの場合はこちら:03-6824-2695

初回限定!お試し撮影プラン


AirPhotoでは、初めてご利用頂くお客様限定の「お試し撮影プラン」をご用意しております。
詳しくはお問い合わせください。
※お問い合わせ時に「お試しプラン希望」とご記載ください

お問い合わせはこちら

AirPhotoにお問い合わせ

サービスに関するご質問や、ご意見・ご感想など、どんな内容でもけっこうです。お気軽にお問い合わせください。

AirPhoto公式アカウント

『スタイリング診断』が、あなたに最適なスタイリングをご提案📷
AirPhotoはTwitter、Instagramで最新情報をお届けしています。

  • twitter
  • instagram

よくあるご質問(FAQ)

AirPhotoのサービスや料金等について、みなさまから寄せられたご質問とその回答をご紹介しています。

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

©︎ AirPhoto All Rights Reserved.