【Makeshop編】ECカートシステムのメリット・デメリットや特徴を解説

【Makeshop編】ECカートシステムのメリット・デメリットや特徴を解説

これからEC事業に参入したいと考えている中小企業に、おすすめのサービスと言えばMakeshop(メイクショップ)です。ショッピングカートプラットフォームとして、根強い人気を誇るMakeshop。具体的にどういったサービスを提供している事業者なのでしょうか。豊富な機能やカスタマイズ性で人気を集めるMakeshopについて、その詳細をお伝えします。

サービスの特徴やメリット・デメリット、気になる月額費用まで、ぜひ参考にしてみてください。

Makeshop

Makeshopは、GMOメイクショップ株式会社が運営するECサイト構築サービスの一つです。本格的にサービスの提供を開始したのは2004年のことで、同様のサービスを提供する事業者の中でも、「老舗」と言えるでしょう。サービス利用流通総額は、10年連続でNo.1を獲得。あらゆる業態にマッチしており、非常に人気のあるサービスです。Makeshopと同様のサービスで人気が高いのは、カラーミーショップでしょう。Makeshopはカラーミーショップよりもややコストが高くなりますが、デザイン性や機能性、自由度の高さで注目されています。

たとえば、用意されているテンプレートの数はなんと170以上。その全てを、追加料金不要で利用できます。管理画面からレイアウトの変更も可能ですし、知識があればHTML/CSS編集によるカスタマイズも可能です。「低価格帯のショッピングカートを選ぶなら、自由度の低さには目をつぶらなければならない」という思い込みを、良い意味で裏切ってくれるサービスと言えるでしょう。

またMakeshopでは、日本の商習慣に合った651もの機能を用意しています。「もっと○○だったら便利なのに…」という運営者側の不満を、うまく解消してくれるサービスです。

メリット・デメリット

ではここからは、Makeshopを利用するメリット・デメリットについて、より詳しく紹介します。

初めてEC参入する中小企業視点で解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

1.メリット:無料サポートが充実

新規でネットショップを立ち上げるまでには、さまざまなハードルを乗り越えなければいけません。また、なんとか開業までこぎつけたとしても、その後の運営で悩む方は少なくないでしょう。Makeshopなら、こうした出店者向けのサポートが充実しています。

サポートを担当するのはプロのECアドバイザーで、ユーザーの困り事に対して、さまざまな解決方法をアドバイスしてくれるでしょう。

このほかにも、電話やメール、オンライン掲示板にデザイン掲示版など、サポート体制の種類も豊富です。どれも無料で利用できるので、初心者でも安心です。

2.メリット:機能が豊富

Makeshopのメリットと言えば、充実した機能が挙げられるでしょう。本格的な受発注管理のほかにも、顧客管理機能や集客対策機能も充実。

たとえば、

  • Yahoo!ショッピングやAmazonマーケットプレイスなどへの出品(無料)
  • 過去に商品を購入してくれた顧客へのクーポン配布
  • 新規会員の紹介でポイントバックキャンペーンの実施
  • 商品を購入した人のレビューを表示する

こうしたカスタマイズも、Makeshopなら難なく可能です。集客のために何をするのか、豊富な機能の中から、お店の魅力を最大限に伝える戦略を実践できるでしょう。

3.メリット:デザイン性に優れている

Makeshopでは、非常に多くのデザインテンプレートを用意しています。HTMLやCSSを編集なしでも、ページのレイアウト変更が可能。

「知識や技術はないけれど、オシャレなデザインに仕上げたい」と思う方にぴったりのサービスと言えるでしょう。

Makeshopなら、スライドショーをつけるのも簡単です。手間なく自由に、オリジナリティに富んだECサイトを作れます。

4.メリット:BtoBにも対応可能

ECサイトと言えば、BtoCをイメージする方も多いでしょう。Makeshopでは、BtoBに対応したショップ構築も可能です。有料オプションにはなりますが、一からサイトを構築する場合と比較すると、コスト面でのメリットも非常に大きいと言えるでしょう。

5.メリット:スマホに強い

ECサイト構築で、近年非常に重要な意味を持つのがスマートフォンです。Makeshopには、スマホ向けのテンプレートが用意されていたり、パソコンサイトからの自動変換機能が用意されていたりと、スマホ向けECサイト作りに強いという特徴があります。


一方で、Makeshopのデメリットは以下のとおりです。

1.デメリット:コストがやや高め

機能が充実していて、初心者から中級者まで使い勝手の良いMakeshopですが、他サービスと比較すると、毎月のコストはやや高めに設定されています。コストが高い分、十分なメリットは用意されていますが、運営初心者にとってはどこまでが必要なのか見極めが難しいでしょう。コストに見合うメリットが得られるかどうか、冷静に判断してください。

2.デメリット:充実した機能を使いこなすためには一定のスキルが必要

充実したシステムや機能は、Makeshopならではの特徴です。しかし、これらを存分に使いこなすためには、相応の知識や技術が必要になるでしょう。

月額利用料、決済手数料・取引手数料

他サービスと比較して、コストが高めと言われるMakeshop。具体的にどのくらいの費用が発生するのか、プラン別に解説します。

【プレミアムプラン】

・月額費用 → 11,000円/月(※長期割引で最大30%オフ)

・カード決済手数料 → 3.19%~

・販売手数料 → 0円

【MakeShopエンタープライズ】

・月額費用 → 55,000円/月

・カード決済手数料 → 3.14%

・販売手数料 → 0円

中小企業が初めてネットショップを開設する場合は、プレミアムプランを検討することになるでしょう。月額費用が他社よりも高い分、決済手数料については業界最安値級に設定されています。また他のサービスと違って、売上手数料は一切無料です。どれだけ販売しても、手数料は低く抑えられますから、「ネットショップでどんどん稼ぎたい」「できるだけ大きく育てていきたい」と思う方におすすめです。

プランについて

Makeshopのプランは、一般向け(プレミアムプラン)と大規模ショップ向け(MakeShopエンタープライズ)が用意されています。初めてのネットショップ運営なら、プレミアムプランがおすすめ。プランがシンプルな分、悩む恐れもありません。

Makeshopのプランの特徴は、種類が少ない分、プレミアムプランにも十分な機能が備わっているという点です。自由なデザイン編集やSEO管理、会員制の導入や会員ランクの自動振り分け、Amazon連携やSNS連携等も利用可能です。プレミアムプランを選んだ場合、最短1か月から利用できます。

写真の撮影はAirPhotoにお任せ

ECサイトを立ち上げる際に、重要なのはショッピングカートと商品写真です。ユーザーの心をつかむため、どちらも重要なポイントですから、妥協せずに選んでみてください。MakeshopでECサイトを立ち上げる際にも、便利に使える商品写真撮影サービスが「AirPhoto(エアフォト)」です。

AirPhotoの最大の特徴は、日本初のレコメンドエンジン「スタイリング診断」を搭載していること。過去の撮影実績やユーザーインタビューをもとに、簡単なアンケートから最適なスタイリングを自動で提案します。「ブランドイメージに合った商品写真をすばやく用意したい」という場合にも、最適なサービスと言えるでしょう。

商品写真を撮影する場合に、気になるのが料金についてです。AirPhotoでは、とにかくわかりやすさにこだわった料金体系を採用。

1スタイリング11,000円(税込)、1カット5,000円(税込)で購入可能です。仮納品された撮影写真の中から気に入ったものだけを選び、購入する仕組みになっているので、気に入らない写真にお金を払う必要もありません。自社にとって最適なショッピングカートと商品写真撮影サービスを組み合わせて、EC事業の成功を目指していきましょう。

撮影の相談はこちら

AirPhotoにお問い合わせ

サービスに関するご質問や、ご意見・ご感想など、どんな内容でもけっこうです。お気軽にお問い合わせください。

AirPhoto公式アカウント

『スタイリング診断』が、あなたに最適なスタイリングをご提案📷
AirPhotoはTwitter、Instagramで最新情報をお届けしています。

  • twitter
  • instagram

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

©︎ AirPhoto All Rights Reserved.