【Amazon編】出品者必見!Amazon商品写真のルールを解説。撮り方のコツやおすすめの写真構成も

【Amazon編】出品者必見!Amazon商品写真のルールを解説。撮り方のコツやおすすめの写真構成も

Amazonは楽天市場と並んで、高い集客力を持つ人気の通販モールです。楽天よりも手軽に出店できるのが、Amazonの魅力。とはいえ、実際に商品を販売し、儲けを出すためには「商品画像」に関するルールや知識をきちんと身に付けておく必要があります。

Amazonに出品する際、商品写真のルールが細かく定められています。わかりやすく解説するので、ぜひ参考にしてください。また、選ばれる商品になるための写真撮影のコツや動画の活用法、画像が粗いときの対処法についても解説します

Amazonの出品に必要な商品写真の種類

Amazonに商品を出品するときは、メイン画像とサブ画像の2つの種類の写真が必要です。

メイン画像は商品ページを開いたときに最初に表示される写真で、1枚のみアップロードします。サブ画像はメイン画像の横に表示される画像で、メイン画像と合わせて最大9枚(サブ画像は最大8枚)アップロードすることが可能です。

Amazon公式サイトの「商品画像の要件」によると、画像を6枚とビデオを1点登録することをお勧めしています。

メイン画像の役割

メイン画像はユーザーを惹きつける役割を果たします。商品ページだけでなく、Amazon内の検索結果や商品レコメンドのサムネイル画像としても表示されるので、ユーザーがクリックしたくなるような魅力的な写真が望ましいです。
なお、目立つ位置に表示される分、Amazonではメイン画像の規定を細かく定めています。ルールを守ることはもちろんのこと、商品のカラーや状態が明確に分かる画像選びましょう。

サブ画像の役割

サブ画像は、ユーザーが商品に対する理解を深める役割を果たします。異なる角度から見た様子や利用シーンを説明する写真、商品説明書などのテキストなども含めるようにしましょう。

モデル写真の規定


洋服やカバンなどの身につけるものを出品する場合、モデルを含めた写真を選ぶことがあります。モデル写真を掲載するときは、通常のメイン画像・サブ画像の規定に加え、次の規定を守りましょう。

  • メイン画像にモデルを含めるときは、座っている、横たわっている、もたれかかっている、膝をついている写真は使用できない(車いすなどの補助技術を用いて動きを表現することは可能)
  • セット品の場合は、メイン画像にはモデルが着用していない商品を平置きした写真を使用する
  • 服&ファッション小物のメイン画像にはマネキンの一部を写さない
  • レディースおよびメンズ服のメイン画像には、人間のモデルが商品を着用した写真を使用する
  • キッズ&ベビー服のメイン画像・サブ画像には、モデルに着用させず、平置きの写真のみ使用する

【立った姿勢ではないモデルについて】
人間のモデルを使用した、服&ファッション小物、シューズ&バッグの商品の画像では、モデルは立った状態である必要があります。車いすを使用していない限り、座ったモデルや横になったモデルは許可されません。挑発的なポーズは許可されていません。
※詳しくはAmazon公式サイトの「立った姿勢ではないモデル」をご覧ください

白背景写真の作成方法


メイン画像の背景は純粋な白であることが求められます。白背景の写真は次の2つの方法で撮影できます。

  • 白背景で撮影する
  • 白抜きに加工する

Amazonの規定に合う白背景紙を購入し、商品を載せて撮影します。ただし影が生じると背景が純粋な白でなくなるため、撮影ボックスの中で撮影する、自然光が当たる場所で撮影する、ライティング機材で照らすなどの工夫をしましょう。
白抜きに加工するためには、写真編集アプリなどのツールが必要です。AIが自動的に商品と背景を見分けて白抜きしてくれるため、簡単に白背景の写真に仕上げることができます。

ただし、細かい部分の輪郭は正確に白抜きされるとは限りません。写真編集アプリで上手に白抜きできないときは、プロに依頼しましょう。AirPhoto(エアフォト)ではAmazon出品商品の写真も承ります。ぜひお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

選ばれる商品写真の撮り方3つのコツ


Amazonの数多くの商品の中から選ばれる商品になるためには、選ばれる写真を撮影することが必要です。次のポイントに注目し、選ばれる写真を撮影しましょう。

  1. スマホで見られることを想定して撮る
  2. 特徴や機能・商品の内側にフォーカスして撮る
  3. ズーム機能に対応する「画質」「サイズ」の写真を準備する

それぞれのポイントについて解説します。

1.スマホで見られることを想定して撮る

パソコンではサブ画像は同一画面内に表示されますが、スマホではスワイプしないと表示されません。スマホで見られることが多いことも想定し、メイン画像だけでも商品の状態やカラー、機能などがよくわかる写真を撮影しましょう。

2.特徴や機能・商品の内側にフォーカスして撮る

補足的な情報はサブ画像の写真で説明します。特徴や機能、商品の内側などがよくわかるような写真を追加しましょう。

3.ズーム機能に対応する「画質」「サイズ」の写真を準備する

ズーム機能に対応するためには、少なくとも1000ピクセル必要です。また画質が粗いとユーザーがズーム機能を使ったときに、商品が美しく見えません。画質とサイズにこだわってズーム機能に対応できる写真に仕上げましょう。

Amazonは『商品動画』の追加が可能に


Amazonでは商品画像に動画も追加できます。Amazonによれば、動画のある商品のほうが動画のない商品よりも購入確率が高まります。商品の説明などに動画が必要と思われるときは、ぜひ商品動画も検討してみましょう。

商品動画の規程

商品動画はもっとも高い画質(最大1080ピクセル、5GB以内)でアップロードします。なお、ファイル形式は.movと.mp4に限られています。

商品ページ上の動画の見え方

商品動画は、サブ画像の6枚目(スマホではサブ画像の1枚目か6枚目)に表示されることが多いようです。サブ画像の上にビデオのマーク(▷)が表示されるので、一目でわかります。

アップロードの手順

以下の画像で商品動画をアップロードします。

  1. ビデオのアップロードと管理ページに移動する
  2. 商品動画がガイドラインを満たしていることを確認する
  3. 右上にあるアップロードボタンをクリックする
  4. 必須項目を入力する

なお、アップロードされた商品動画はAmazonの審査を受けます。通常1日程度で審査は完了しますが、繁忙期は7営業日以上かかることもあるので注意しましょう。

Amazonで写真や動画が表示されない場合の対処法


写真や動画が表示されないときは、ファイル要件を満たしていない場合が考えられます。今一度ピクセル数などを確認してみましょう。また、動画が表示されないときは、審査中の可能性があります。少なくとも1週間は待ち、それでも表示されないときはAmazonに問い合わせましょう。
また、登録が増数が6点以上のときに商品動画を追加すると、一部の写真が表示されない可能性があります。不要と思われる写真を削除しておきましょう。

Amazon写真の画質が粗い場合の対処法


Amazonの画質規定を満たさない写真を掲載すると、パソコンなどでは画質が粗く見えることもあります。商品画像の画質が粗いときは、プロに任せて高品質の写真を撮影してもらうことも検討できます。訴求力の高い写真に仕上げ、なおかつズーム機能に対応するためにも、商品の画質にこだわりましょう。

商品写真登録のガイドラインルール

Amazonで商品を販売する上で、重要な意味を持つのが商品写真です。実際にAmazonサイトを覗いてみればわかるとおり、非常に多くの商品が登録されています。消費者側は、掲載された商品写真からできるだけ多くの情報を読み取り、どの商品を購入するのか決定しているのです。とはいえ、Amazonサイトに掲載できる商品写真には、一定のルールが設けられています。

具体的なガイドラインルールは以下のとおりです。

すべての商品画像のサイト基準

  • 画像は、販売する商品を正確に表している必要があります。
  • 画像は商品名と一致する必要があります。
  • 画像の85%以上を商品が占める必要があります。
  • 商品詳細ページで最適なズーム機能を使用するには、長辺が1600ピクセル以上必要です。ズーム機能を使用すると、売上げ促進に役立つことが判明しています。この要件を満たすことができない場合、ズームできるファイルの最小サイズは1000ピクセルで、サイトでの最小サイズは500ピクセルです。
  • 画像は、長辺が10,000ピクセルを超えないようにしてください。
  • 画像は、JPEG(.jpgまたは.jpeg)、TIFF(.tif)、PNG(.png)、GIF(.gif)のいずれかのファイル形式にする必要があります。JPEGを推奨します。アニメーションGIF(.gifs)は、サポートされていません。
  • 不鮮明な画像、画素化された画像、端がギザギザに加工された画像は使用できません。
  • ヌードや性的なものを示唆させるような画像は使用できません。子ども用および乳児用のレオタード、下着、水着を人間のモデルに着せないでください。
  • 画像には、Amazonのロゴや商標、およびAmazonのロゴや商標と類似した、紛らわしいいかなるバリエーションや修正も含めてはいけません。これには、AMAZON、プライム、ALEXA、Amazon Smileデザインが付いた用語やロゴが含まれますが、これらに限定されません。
  • 画像に、Amazonで使用されるマーク、およびマークと類似または紛らわしいいかなるバリエーションや修正を含めてはいけません。これには、「Amazon's Choice」、「Premium Choice」、「Amazon Alexa」、「Works with Amazon Alexa」、「ベストセラー」、および「トップセラー」などが含まれますが、これらに限定されません。詳細については、商標使用ガイドラインを参照してください。

メイン商品画像のサイト基準

  • メイン画像の背景には純粋な白を使用する必要があります。純粋な白とは、RGBカラー値が(255, 255, 255)で、Amazonの商品検索画面や商品詳細ページによく調和します。
  • メイン画像は、実際の商品のプロフェッショナルな写真でなければなりません(グラフィック、イラスト、モックアップ、代替品は許可されていません)。購入者の混乱を招く可能性のある付属品や小道具は表示しないでください。
  • 商品の上部または背景に、テキスト、ロゴ、縁取り、カラーブロック、透かし、その他のグラフィックが配置されているメイン画像は使用できません。
  • 1つの商品を複数のアングルから見た画像をメイン画像に含めることはできません。
  • メイン画像には、販売する商品全体が写っている必要があります。ジュエリー(ネックレスなど)を除き、商品が画像フレームの端に触れたり、画像フレームの端で切り取られたりしてはいけません。
  • メイン画像には、パッケージを外した商品が写っている必要があります。輸送箱、バッグ、ケースは、商品の重要な特徴でない限り、画像に表示しないでください。
  • メイン画像には、座っている、膝をついている、もたれかかっている、横たわっている人間のモデルは使用できません。ただし、補助技術(車椅子、義肢など)を用いてさまざまな物理的な動きを表現することは奨励されます。
  • セット品の服&ファッション小物、シューズ&バッグのメイン画像は、商品を平置きにした(モデルが着用していない)写真を使用します。
  • 服&ファッション小物のメイン画像では、マネキンの外観(透明、無地、肌色、フレームワーク、ハンガー)にかかわらず、マネキンの一部を写さないでください。
  • レディースおよびメンズ服のメイン画像では、商品を人間のモデルに着せる必要があります。
  • キッズ&ベビー服の全ての画像には、平置きの(モデルが着用していない)写真を使用してください。
  • シューズのメイン画像では、片方の靴を左向きに45度の角度で表示する必要があります。

※ジュエリーについての詳細は、Amazon公式サイトの「ジュエリー」をご覧ください
※服&ファッションについての詳細は、Amazon公式サイトの「服&ファッションの画像ガイドライン」をご覧ください

ペナルティについて】

Amazonが指定するガイドラインを無視した写真を使用すると、

  • 検索対象外
  • 出品停止

といったペナルティを受ける恐れがあります。ガイドラインの内容をよく理解して、それに沿った写真を準備することが大切です。

※詳しくはAmazon公式サイトの「画像に関する問題」をご覧ください

売上に直結する商品写真はプロに任せるのも一つの手


Amazonでは白背景でメイン画像を撮影するため、条件が同じ分、写真のクオリティに差が出やすくなります。他の商品より魅力的な商品に見えるためには、クオリティにこだわって写真を撮影することが必要です。また高画質にこだわることで、ズーム機能に対応する写真に仕上がります。
商品の魅力が伝わる写真は、ぜひAirPhoto(エアフォト)にお任せください。白背景の写真もより美しく、高品質かつ訴求力の高い写真に仕上げます。Amazonに出品されている数多くの商品から際立った存在にためにも、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

AirPhotoにお問い合わせ

サービスに関するご質問や、ご意見・ご感想など、どんな内容でもけっこうです。お気軽にお問い合わせください。

AirPhoto公式アカウント

『スタイリング診断』が、あなたに最適なスタイリングをご提案📷
AirPhotoはTwitter、Instagramで最新情報をお届けしています。

  • twitter
  • instagram

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

©︎ AirPhoto All Rights Reserved.