月間ユーザー数が6,500万人を超えたYouTube(ユーチューブ)の歴史や利用者数を解説

月間ユーザー数が6,500万人を超えたYouTube(ユーチューブ)の歴史や利用者数を解説

YouTubeの歴史

YouTubeは、2005年に設立された動画共有サービスです。
2006年にGoogleの傘下となったことで、認知度・利用者が増加し、今では世界中の方々に利用されております。

昨年、新型コロナウイルスの影響でテレビ局は、報道関係の情報を除いた番組の多くが収録休止となり、番組出演していた芸能人たちのYoutube進出が加速したことで、幅広い層が視聴するようになり、月間利用者数は、6,500万人を突破しました。

豆知識

サービスの名称になっているYouTubeのTubeとは真空管を意味し、映像を表示するテレビのブラウン管に由来すると言われています。

YouTuberの登場

YouTube躍進のきっかけになったのが、YouTuberの存在。
YouTubeは、再生数に応じて報酬を得る事が出来る仕組みを提供しており、この仕組みを活用して報酬を得ている方をYouTuberと呼んでおります。

登録者数1,000万人を突破した「ヒカキン」を筆頭に多くのYoutuberが輩出され、Youtuberを組織化する「UUUM」や「VAZ」といったマネージメントプロダクションも登場しました。

近年では、芸能人、歌手、アスリートの参入も続いており、社会人男性が利用するFacebookや若者が利用するTikTokとは違い、YouTubeは幅広い視聴者層を獲得しています。

YouTubeの利用者数


2020年12月にGoogleが発表したデータによると、月間ユーザー数が6,500万人を超え、投稿さる時間も80%増加しております。
さらに、トップユーチューバーとも言われる登録者数100万人のチャネルが240アカウント以上に達しています。

参照:「月間 6,500 万ユーザーを超えた YouTube、2020 年の国内利用実態」

4つのR

YouTube が掲げるミッションは「表現する場所をあらゆる人に提供し、その声を世界中に届ける」であり、これを守り、安心してサービスを利用できる環境を提供するために4つのRに力を入れています。

【4つのR】

  • Remove:ポリシーに違反するコンテンツを削除すること
  • Reduce:コミュニティガイドラインに違反するか見極めが難しいボーダーライン上のコンテンツの拡散を減らすこと
  • Raise:信頼できるコンテンツを見つけやすくすること
  • Reward:収益化の基準見直しや機能の追加を通じて信頼できるクリエイターに報いること


4つのRによって、商品やサービスを提供する企業もイメージを損なう事なく、 PRの実施を行う事が可能となり、企業の健全な広告配信に繋がっています。

SNSマーケティングが必要な理由・メリット・注意点はこちらの記事をご覧ください
https://airphoto.jp/blog/sns-009

まとめ

YouTubeのブームに乗り遅れた、利用したいけど何から実施すれば良いか分からない!という方向けに、運用のアドバイスやYouTubeに最適なアイコン・サムネイル写真の撮影も行っておりますので、ぜひお気軽にご相談下さい。

お問い合わせ

AirPhotoにお問い合わせ

サービスに関するご質問や、ご意見・ご感想など、どんな内容でもけっこうです。お気軽にお問い合わせください。

AirPhoto公式アカウント

『スタイリング診断』が、あなたに最適なスタイリングをご提案📷
AirPhotoはTwitter、Instagramで最新情報をお届けしています。

  • twitter
  • instagram

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

©︎ AirPhoto All Rights Reserved.