SNSマーケティングが必要な理由とは?メリットや注意点、手順を解説

SNSマーケティングが必要な理由とは?メリットや注意点、手順を解説

SNSマーケティングとはSNSを活用した販売促進活動のことです。なぜ今注目されているのか、また、メリットや注意点についてまとめました。SNSごとの特徴や手順も紹介するので、ぜひ参考にしてください。

SNSマーケティングとは?


SNSマーケティングとは、SNSを使って商品やサービスが売れる仕組みを構築することです。SNSの使い方次第では、多様な角度から売れる仕組みを作り上げることができます。
例えば、SNSで商品広告を出すこともできるでしょう。SNSならではの一対一のコミュニケーションを活かし、ユーザーの関心や行動範囲に合わせた商品・サービスをピンポイントで紹介できます。
また、SNSの拡散力を活用することで、マーケティングを実施することも可能です。SNS上で強い影響力を発揮するインフルエンサーを通し、商品・サービスの魅力や具体的な使用法を拡散してもらいます。

マーケティングの一環としてキャンペーンを実施することもできるでしょう。従来のキャンペーンであれば、テレビCMや雑誌広告などを使って大々的な告知をしていたため、広告代がかさむという課題がありました。
しかし、SNSを使えば広告費を大きくカットできます。しかも新商品・新サービスに興味を持つ層にだけ告知することも可能なので、より効率的な広告活動を実現できるでしょう。

SNSマーケティングが注目されている理由


数あるマーケティング手法の中でSNSマーケティングが注目されている理由として、次の3つが挙げられます。

  • SNSユーザーが増えているから
  • SNSの情報を重視する顧客が多いから
  • 情報拡散力があるから

それぞれの理由について詳しく見ていきましょう。

SNSユーザーが増えているから

パソコンやスマートフォンが身近なツールとなり、SNSを利用する方も増えています。例えばTwitterの月間利用者数は4,500万人超(2017年時点)、YouTubeの月間利用者数は6,500万人超(2020年時点)です。マーケティングの舞台にSNSを取り入れることで、より多くのユーザーにアプローチできるようになるでしょう。
後でツールについて紹介しますが、各ツールはユーザー層の傾向が異なり、それぞれの傾向に合わせて展開することで、より効率性の高いマーケティングを実現できます。

SNSの情報を重視する顧客が多いから

SNSでは相手と個人的なつながりを結ぶことができます。また、検索機能があるため、必要な情報をピックアップすることが容易です。そのようなSNSの性質から、他のメディアなどから入手する情報よりも正確性が高く、より自分向けの情報だと判断するユーザーも少なくありません。
ユーザーの心に響くマーケティングを実施するためには、ユーザーが「信頼性が高い」と判断するツールを使うことが不可欠です。SNSを使うことで、より多くのユーザーに受け入れられる広告活動、宣伝活動を実施することができるでしょう。

情報拡散力があるから

シェア機能を有するSNSは、情報拡散力に優れています。例えば、TwitterやFacebookでは、ユーザーは気に入った情報を見つけると、シェアボタンを使って家族や友人に知らせることができます。
そのため、1人の心をつかむだけでも、その人が積極的に情報を拡散し、情報を受け取った人がまた別の人に情報を拡散し、と繰り返すことで大勢の心をつかむことが可能です。
テレビCMや雑誌広告も、情報を拡散することはできます。しかし、口コミで伝えられることには限界があるため、情報を拡散するためにはCM放映回数を増やす、雑誌掲載回数を増やすなどのコストのかかる方法を選択しなくてはいけません。
しかし、SNSではユーザーがシェアボタンをクリックし、送信相手を選べば、企業側は無料で一次情報を拡散させることができます。口コミのように誤った情報が拡散するリスクも少ないため、正確かつ効率性の高いマーケティングを実現しやすいでしょう。

SNSマーケティングで得られる効果


マーケティングの最終的な目的は、商品やサービスの売上増となります。もちろんSNSマーケティングでも商品やサービスの売上増、収益増を目指しますが、それ以外にも多くの効果を獲得することが可能です。
SNSマーケティングの実施により期待できる効果としては、次の3つが挙げられます。

  • 認知度の向上
  • ロイヤリティの向上
  • 幅広い層に広告できる

それぞれの効果について、わかりやすく解説します。

認知度の向上

SNSマーケティングでは、情報をシェアすることで飛躍的に拡散することができます。そのため、他の手段によるマーケティングよりも短期間で認知度を向上させることが可能です。
またユーザーが「いいね」の評価をすると、SNSツールのタイムライン機能で「いいね」をした対象の情報が掲載されるため、再拡散することができます。タイムライン上に掲載された情報を閲覧したユーザーが、さらに「いいね」やシェアボタンを使ってアクションすれば、より広く情報を拡散することが可能です。
このように多くのSNSでは複数の方法で情報拡散できる仕組みになっているため、1度のみの情報発信でも何度も情報を発信したのと同等以上の効果を期待できます。

さらに消費やサービスの認知度を向上させるのが、SNSの検索機能です。SNSには検索語を入力して関連情報を検索する機能がついていますが、この機能をユーザーが活用すると、該当するワードが含まれている情報を表示させ、チェックすることができます。
タイムラインや「いいね」によって拡散される情報は比較的新しいものが対象となりますが、検索機能を使えばかなり以前に発信した情報であっても表示対象となり、再閲覧、再拡散のチャンスをつかむことができるでしょう。
また、Googleなどの検索エンジンで検索した場合も、SNS内の情報が引っ掛かり、上位表示されることがあります。つまり、SNSで情報を発信することで、SNSツール内の検索機能と検索エンジンの両方で検索対象になることができるのです。

ロイヤリティの向上

SNSには、多くのユーザーをターゲットとしつつも、ユーザー個人と直接的なコミュニケーションを取れるという特徴があります。例えば、SNS上で商品・サービスの宣伝を行い、「いいね」やシェアボタンなどの積極的なアクションをしたユーザーに対して、コメント機能やDM機能を利用して個人的にアプローチすることも可能です。
このようにSNSではユーザー個人との関係を築きやすいという特徴があるため、上手に活用することで信頼関係を構築し、ロイヤリティの向上を目指すことができます。時間をかけてユーザーのニーズを探り、適度な距離感を保ってアプローチすることで信頼関係を築くことができるようになるでしょう。

また、「いいね」をしてもらった投稿を再投稿して、多くのユーザーから共感を得ている商品・サービスであることをアピールすることもできます。再投稿された投稿主は自身の情報発信力が認められたことにもなり、影響力あるSNSユーザーとしての地位を獲得できるため、お互いにウィンウィンの関係を結べるでしょう。

幅広い層に広告できる

SNSを利用するユーザーが増えてきたことで、SNSを通した情報発信もより多くのユーザー、より多くの層に届くようになりました。例えば、LINEは20代の97.7%に利用されているSNSですが、30代では95.6%、40代では96.6%、50代では85.4%、60代は76.2%と幅広い年代で利用されています。
また、SNSのシェアボタンなどにより、ユーザーが積極的に自分と近い属性の友人・知人に情報を拡散するため、1人の顧客を獲得することで顧客の属する層全体をターゲットとすることも可能です。
従来のマーケティングの手法であれば、ターゲット層を超えた情報拡散は困難でした。

例えば、ティーンエージャー向けの雑誌に広告を掲載する場合であれば、その雑誌を通して20代、30代の見込み客にアプローチすることは容易ではありません。ティーンエージャーだけでなく他の年代層にもアプローチしたいのであれば、その年代層が購読層となる雑誌や新聞にも広告を掲載する必要があります。
しかし、SNSであれば特定の情報を気に入ったユーザーは、自分自身が属する層以外にも情報を拡散することがあります。例えば親子や同僚などの年代も興味も異なるユーザーにシェアボタンを使って拡散できるため、楽々とターゲット層の壁を超えることができるでしょう。

SNSマーケティングが必要なケース


SNSマーケティングは万能のマーケティング手段ではありません。しかし、より広くの層で効果的なマーケティングを実施したいのであれば、マーケティングの一つの手法として活用する意義が十分にあります。
とりわけ次のいずれかのケースに該当するときは、SNSマーケティングにより高い効果が期待できると考えられるでしょう。

  • SNS利用率が高い層をターゲットとしている
  • 評判に左右される商品・サービスを扱っている
  • ECサイトで販売している

それぞれのケースにおいてなぜSNSマーケティングが有効なのか、わかりやすく解説します。

SNS利用率が高い層をターゲットとしている

SNSマーケティングは、とりわけSNS利用率が高い層をターゲットとした商品やサービスにおいて高い効果を期待できます。
SNSのユーザーの中には、テレビや雑誌をあまり見ない、駅や公共の場のポスター広告などを目にする機会が少ないという方も少なくありません。このような層にアプローチするためには、SNSを活用したマーケティングが必須といえるでしょう。
例えばデジタルネイティブ世代であれば、コミュニケーションにSNSを使うことは生活の一部となっています。またコミュニケーションだけでなく情報検索やニュースの確認も、SNSを通して行うことが一般的です。
デジタルネイティブ世代をターゲットとする商品・サービスのマーケティングをSNSツールで行えば、効率性の高い宣伝活動を実現できるでしょう。

評判に左右される商品・サービスを扱っている

SNSマーケティングの特徴の一つに、拡散力の高さがあります。評判に左右される商品・サービスを扱っている場合、SNSならではの拡散力の高さを活かしてより効率性の高いマーケティングを実施できるでしょう。
価格が低めで購入する際の心理的ハードルが低いものであれば、SNS上で高評価を得ているというニュースがきっかけとなり、購入へのアクションが生まれるかもしれません。例えば、お菓子や文房具、雑貨などは、SNS上の高評価が社会にインパクトを与え、売れ行きを大きく左右することがあります。

SNSにより情報がハイスピードで拡散されると、一時的に品切れを起こすこともあるでしょう。しかし、品切れの情報ですらSNSで拡散されると、ユーザーの飢餓感をあおり、購入意欲の上昇につながることもあります。
日常的に購入しやすい価格帯の商品、いくつあっても困らない物やサービスを扱っている企業は、SNSマーケティングに注力することが必要といえるでしょう。

ECサイトで販売している

SNS上で評判であっても、実際に現地に行かないと購入できないものであれば、購入のアクションを起こすユーザーは限られてしまいます。
しかし、ECサイトで販売しているものであれば、ユーザーがSNSで商品やサービスに対する情報に触れ、高評価な点を確認したときにすぐに購入のアクションを起こすことが可能です。売上増にも直結するため、より効果的なマーケティングを実現できるでしょう。

また、評判を聞いてすぐに購入できるということは、ユーザーの買いたい気持ちにすぐに応えることにもなります。ユーザーの商品やサービス、あるいはECサイトそのものへの満足度を高めることにもなり、ファン獲得を実現することも可能です。
ECサイトとSNSはどちらもオンラインを舞台としていることから、親和性のあるツールといえます。SNSの良さと利用方法を理解することで、より売れるECサイトに育てていくことができるでしょう。

SNSマーケティングのメリット


SNSマーケティングのメリットを理解すれば、より効果的な宣伝活動を実現できます。特に注目したいメリットとしては、次の3点が挙げられるでしょう。

  • 費用対効果が高い広告活動を実現できる
  • 顧客と個人的な関係を築ける
  • 他の広告で届かない層にアプローチできる

それぞれのメリットについて解説します。

費用対効果が高い広告活動を実現できる

SNS以外の方法でマーケティングをする場合、広告費を高額にすればするほど広まる情報量を増やすことができます。
例えば、チラシで広告活動をする場合であればチラシの発行枚数を増やすこと、テレビCMであれば放映回数を増やすこと、雑誌広告であれば掲載する雑誌数を増やすことや広告の面積を増やすことで、拡散する情報量を増やせるでしょう。

しかし、いずれも情報量を増やすためには、その分、広告料も増やさなくてはいけません。大々的に広告活動をしようとすればするほどコストがかかってしまいます。
一方、SNSの場合、情報を流す回数は1回であっても、「いいね」やシェアボタンで情報が何度も広まる可能性があるため、広告料を増やさなくても拡散することが可能です。費用対効果の高い広告活動を実現したいときは、拡散力のあるSNSを利用することができるでしょう。

顧客と個人的な関係を築ける

テレビや駅などの不特定多数の人が見る場を舞台として情報を発信するときは、誰が情報を受け取るのか予想することもできません。ターゲットに正しく届くとも限らないため、情報の受け取り手と個人的な関係を築くことは困難といえます。

一方、SNSを通したマーケティングであれば、「いいね」やシェアボタンの利用により、提供する情報に興味を持ったユーザーが誰なのかを知ることが可能です。顧客を特定し、個人的なメッセージを送ったり、顧客が発信する情報に「いいね」を押したりすることもできるでしょう。
顧客と個人的に知り合うとお互いに愛着を形成するため、より長期にわたる関係を構築することができます。また顧客が企業に対してポジティブな印象を持ち、他の商品やサービスに対しても購入などのアクションを起こしてくれるかもしれません。

他の広告で届かない層にアプローチできる

新聞や雑誌を読まない層、テレビを見ない層に属する人も多くいます。このような層にアプローチするためには、従来の新聞広告、テレビCMなどの手法だけでは十分とはいえません。
SNSのユーザーはSNSから情報を取得することも多く、新聞や雑誌、テレビを利用しない層と重なることがあります。他の広告では届かない層にアプローチするためにも、SNSマーケティングを利用することができるでしょう。

なお、SNSは利用しないけれども、新聞や雑誌、テレビなどのメディアは利用するという方もいます。販売したい商品やサービスのターゲット層がSNSのユーザー層と被らないときは、従来の広告活動も有効です。ターゲット層に合わせて適切なマーケティング手法を選択しましょう。

SNSマーケティングの注意点


費用対効果が高く、顧客との個人的な関係も築きやすいSNSマーケティングですが、利用する際にはいくつか注意すべき点があります。特に次の3点に注意を払い、マーケティングを進めていきましょう。

  • 全方位的に表現を検討することが必要
  • 慎重に個人情報を扱うことが必要
  • セキュリティ対策が必要

それぞれの注意点を詳しく解説します。

全方位的に表現を検討することが必要

SNSは個人でも利用することが多いツールのため、深く考えずに気軽に情報を発信してしまうことがあります。しかし、メールのように送信者と受信者の一対一の閉ざされたやり取りとは異なり、特定のターゲットに向けたメッセージであっても、ターゲット外のユーザーが閲覧する可能性がある点に注意が必要です。
そのため、ちょっとしたメッセージが、特定のユーザーを傷つけることになり、「配慮のない発言をする企業」「コンプライアンス意識が低い企業」といったネガティブなイメージがつく可能性があります。

また、一旦ネガティブなイメージがつくと、SNSならではの拡散力で不特定多数に広がり、想定した以上のダメージを受けるかもしれません。
気軽に情報発信できる点がSNSの特徴ですが、決して気軽に発信しないようにしましょう。情報発信するときは慎重に言葉を選び、社内外でコンプライアンス上の問題がないか確認してもらってから発信します。
特定の個人に向けた閉ざされたメッセージを送るときにも同様です。相手の顔が見えない分、配慮に配慮を重ね、不快な印象を与えないように注意します。

慎重に個人情報を扱うことが必要

SNSは拡散力があるため、個人情報の扱い方を誤ると甚大な被害が生じることもあります。例えば、先程、情報を発信したときに得た「いいね」の反応を宣伝活動に利用する手法を紹介しました。
しかし、この手法は「いいね」をしたSNSユーザーが自分のアカウントやコメントの拡散を望んでいない場合には、個人情報を勝手に拡散することになり、企業としての信頼を失うことにもなりかねません。

SNSユーザーのレスポンスを宣伝広告に活用する場合には、必ずユーザー自身に同意を求め、許可を得られないときは使用しないことが大切です。また、キャンペーンなどで個人情報を入力してもらう場合にも、セキュリティが万全な状態で入力を求め、情報流出しないように細心の注意を払うことが必要になります。
ユーザーから預かった情報に関して、どのように処理をするか公表することも一つの方法です。キャンペーン以外では使用しないことを明記し、キャンペーン終了後は情報を削除するなど、詳しくユーザーに説明することで、ユーザーからの信頼を獲得するようにしましょう。

セキュリティ対策が必要

細心の注意を払って個人情報を扱ったとしても、悪意のある不正アクセスにより、情報流出や書き換えなどの危険にさらされることがあります。ユーザーとの信頼関係を構築するためにも、セキュリティ対策を実施し、万全を期してSNSによるマーケティングを実施するようにしましょう。
SNSだけでなくECサイトなどのインターネットを使ったツールを利用するときは、常に情報流出や書き換えなどのリスクにさらされます。決して安全な手法ではないことを理解しておくことで、危機感を持って正しくツールを扱えるようになるでしょう。

SNSマーケティングの手順


SNSに対応した消費者の購買行動モデルにSIPSがあります。SIPSとはS(Sympathize:共感する)、I(Identify:参加する)、P(Participate:参加する)、S(Share&Spread:共有して拡散する)の順に行動することを示すモデルです。SNSマーケティングはSIPSをベースとして以下の手順で実施します。

  1. 目的とターゲットを設定する
  2. SNSツールを選択する
  3. 数値目標を設定する
  4. SNSマーケティングの実施
  5. 分析と改善を繰り返す

まずはSNSマーケティングで何をしたいのか、ターゲットと目的を明らかにしましょう。認知度向上なのか商品の売上増なのかによっても、マーケティングの方法は異なります。
次に目的とターゲット層に合うSNSツールを選択しましょう。SNSツールごとの特徴を次章で紹介するので、参考にして最適なツールを選んでください。
ツール選択後、SNSマーケティングで達成したい数値目標を設定します。例えば、自社アカウントのフォロワーを1,000人増やす、SNSからECサイトへの流入を月間100以上増やすなど、具体的かつ現実的な目標を設定しましょう。
一定期間SNSマーケティングを運営した後に、数値目標を達成しているのか、またユーザーにどのような傾向が見られるのかを分析します。分析した後には対処策を講じ、より目標に到達できるアプローチを検討しましょう。なお、分析と改善はSNSマーケティングを実施する間、継続的に行います。

SNSマーケティングに使えるツール


SNSツールの種類は多いですが、SNSマーケティングに使用するのは「ユーザーが多いツール」が良いでしょう。ユーザーが多いと拡散力も高く、より費用対効果が高いマーケティングを実現できます。
SNSマーケティングに適したTwitterとInstagram、TikTokと、厳密にはSNSではありませんが拡散力の高いツールであるYouTubeの4つのツールの特徴について見ていきましょう。

Twitter

Twitterは短文でのメッセージ投稿がメインとなるSNSです。日本でもユーザーが多く、Twitterでの発言がしばしば大きなニュースとして取り上げられることもあります。
Twitterはトレンド情報を収集・拡散しやすいという特徴があり、実況ツイートやイベントとの連動などといった使い方でも親しまれているツールです。拡散力を活かして、キャンペーンの開催や新商品・新サービスの宣伝に用いることもできます。

Instagram

Instagramは画像や動画の投稿がメインとなるSNSです。見た目にインパクトのある商品の宣伝活動に適したツールといえるでしょう。
投稿後24時間で消えるストーリーズ機能などもあり、短期間のみ実施するキャンペーンの告知などにも利用できます。また、ユーザーにシンプルな質問を投げかけるアンケート広告もあり、広告の反応などを調べるツールとしての活用も可能です。

TikTok

TikTokは15秒のショートムービーを配信できるSNSです。BGMやエフェクトの追加などの編集も簡単で、誰もが簡単に動画配信できます。
TikTokは縦型画面に最適化されているため、スマートフォンでSNSにアクセスすることが多い10代~20代のユーザーに高い訴求力を発揮するツールです。拡散力も高いので、インパクトのある情報を発信するときに適した選択肢といえるでしょう。

YouTube

YouTubeであれば長めの動画も配信できるので、動画で商品やサービスをアピールしたいときに活用できます。また、TikTokと比べるとユーザー層が幅広いため、広い年齢層をターゲットとしているときにも適したツールです。
YouTubeでは録画編集した画像を配信することもできますが、ライブ配信にも対応しているので、リアルタイムで伝えたい情報があるときにも使えます。また広告の種類が多く、予算や効果、ターゲット層に合わせて選択することが可能です。

SNSマーケティングに成功するポイント


SNSマーケティングに成功するためのポイントとして、次の3点が挙げられます。

  • 分析と改善を繰り返す
  • 長期的視野で運営する
  • 印象的な写真も含めた丁寧な投稿

SNSマーケティングは確かに拡散力が強く、高い費用対効果を期待できる手法です。しかし、新しいマーケティング手法として導入している企業も多いため、単にSNSを活用するだけでは思うような効果を得られないでしょう。
実施中のSNSマーケティングを丁寧に観察し、数値目標を立て、結果を分析して必要な改善を実施することを繰り返し行うことが不可欠です。

SNSマーケティングにはゴールはありません。数値目標を達成したとしても、新たな目標を立て、結果を追求する必要があります。分析と改善を繰り返し、より良いSNSマーケティングを実施しましょう。
また、長期的視野で運営することも有用です。SNSではいわゆる「バズる」状態になり、爆発的に情報が拡散されることもありますが、どの情報もバズるわけではないため、長期的かつ確実にユーザーとの関係を構築していくことが求められます。
SNSを活用するときは、印象的な写真も含めた丁寧な投稿が必要です。思いついてすぐに投稿するのではなく、写真や文章を全方位的に検証し、誰も傷つけるものではないことを客観的に確認してから配信しましょう。

印象的な写真は、ぜひEC事業者様向けの物撮りサービスAirPhoto(エアフォト)にお任せください。商品の良さを引き出し、より魅力的に見せる写真を撮影いたします。
また、小物などにこだわったスタイリング写真を活用し、Instagramなどの写真の良し悪しが重視されるSNSでも強いインパクトを残します。ぜひお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

SNSマーケティングは印象的な写真が不可欠


パソコンやスマートフォンで情報収集することが当たり前になった現代において、SNSマーケティングはもはや新スタンダードともいえるでしょう。よりユーザーの心に響く広告活動を実施するためにも、ぜひSNSマーケティングを取り入れてみてはいかがでしょうか。

InstagramやTwitterなどのSNSやECサイトに掲載する写真は、ぜひAirPhoto(エアフォト)にお任せください。美しく印象的な写真で、数ある投稿の中でもより際立った存在としてユーザーの関心を引き出します。また企業様のイメージに合わせたスタイリングも得意としております。ぜひお気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちら

AirPhotoにお問い合わせ

サービスに関するご質問や、ご意見・ご感想など、どんな内容でもけっこうです。お気軽にお問い合わせください。

AirPhoto公式アカウント

『スタイリング診断』が、あなたに最適なスタイリングをご提案📷
AirPhotoはTwitter、Instagramで最新情報をお届けしています。

  • twitter
  • instagram

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

©︎ AirPhoto All Rights Reserved.