世界中で一代ムーブメントを起こしているTikTok(ティックトック)の歴史や利用者数を解説

世界中で一代ムーブメントを起こしているTikTok(ティックトック)の歴史や利用者数を解説

TikTokは、世界中で一代ムーブメントを起こしている縦型のショート動画のSNSサービスで、コロナによる自粛を追い風に世界中で10億人が利用するサービスにまで成長しています。

TikTokの歴史

TikTokは中国企業のByteDanceが提供するサービスで、2016年のスタートから約5年で、利用者が10億人に達しています。
中国本土では、抖音短視頻(ドウインドゥアンシーピン)という名前で親しまれており、中国以外の国際版TikTok(75の言語に対応)とは、互いに動画コンテンツが混じることはなく、フィルターの種類などアプリの機能にも差があります。
ちなみに、「抖音」とはビブラート、「短視頻」は短編映像という意味です。
ByteDance社には、ソフトバンクも出資しており、TikTokの凄さは「アルゴリズム」だと言われるほど、技術が高い企業・サービスとなっております。

※ByteDanceとは、2021年時点でユニコーン企業(会社の評価額が10億ドルを超える未上場のスタートアップ企業)で、世界1位の企業である

TikTokの利用者数

公式発表によると、世界で10億人、日本で950万となっており、Instagramに迫る勢いで成長し続けております。
TikTokが日本に上陸した頃は、利用年齢層が低く、イメージもあまり良くない動画サービスとも一部では言われていましたが、近年では「法務省」「東京都」と連携した企画の実施や「経団連へ入会」「青少年保護のため、新規登録時の年齢認証を導入」などとサービスの健全化が利用者の信頼獲得に繋がっているのではないでしょうか。

SNSマーケティングが必要な理由・メリット・注意点はこちらの記事をご覧ください
https://airphoto.jp/blog/sns-009

まとめ

TikTok、動画を投稿するだけでなく、投稿するまでの加工の過程を楽しんだり、加工した動画を他のSNSで投稿するなど利用の幅が広がっています。

日本・世界のSNS利用者数一覧!1番人気のSNSは>>

まだ利用されていない方は、商品・サービスのPRとしても活用可能ですので、利用してみてはいかがでしょうか?
また、AirPhoto(エアフォト)では、TikTokに最適な撮影や投稿のアドバイス等も行っておりますので、ぜひお気軽にご相談下さい。

お問い合わせ

AirPhotoにお問い合わせ

サービスに関するご質問や、ご意見・ご感想など、どんな内容でもけっこうです。お気軽にお問い合わせください。

AirPhoto公式アカウント

『スタイリング診断』が、あなたに最適なスタイリングをご提案📷
AirPhotoはTwitter、Instagramで最新情報をお届けしています。

  • twitter
  • instagram

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

©︎ AirPhoto All Rights Reserved.