Twitterを活用してECサイトの売上を上げる!広告から販売までまとめて解説

Twitterを活用してECサイトの売上を上げる!広告から販売までまとめて解説

ECサイトとTwitterを連携することで、売上アップを期待できます。
Twitterを活用した広告からショップ機能を使った販売までまとめて紹介するので、ぜひ参考にしてください。また、連携する際の注意点についても解説します。

【ECサイトのTwitter活用法1】広告


Twitterに広告を掲載することで、TwitterのユーザーにECサイトを紹介することが可能です。Twitter広告には次の3つの種類があります。

  • プロモツイート
  • プロモアカウント
  • プロモトレンド

これらの3つの広告は、いずれもメリットやデメリット、目的が異なります。どのような特徴があるのか、また、どのような方におすすめなのか詳しく見ていきましょう。

プロモツイート

プロモツイートとは、Twitterのタイムライン上に表示される広告のことです。フォロワー以外が閲覧するタイムラインにも表示されるので、より多くのTwitterユーザーに宣伝する効果を期待できます。

プロモツイートの特徴としては次のものが挙げられるでしょう。

  • Twitter内の検索結果やアカウントのプロフィール欄にも表示される
  • ツイート内にプロモーションというタグがつく
  • ユーザーに対して表示される回数は1日1回のみ
  • 画像や動画、ハッシュタグを挿入できる

プロモツイートにはプロモーションであることが記載されていますが、タイムラインや検索結果画面などの目にすることが多い場所に表示されるため、自然とユーザーに認識されるというメリットがあります。また、通常のツイートと同じく、リツイートできるため、閲覧したユーザーによって拡散される可能性がある点もメリットです。

プロモツイートはTwitter広告の中でも単価が低いため、長期にわたって宣伝したいときなどにも適した広告手段といえます。また、商品購入やアプリのインストールにもつなげやすいので、ECサイトの広告としてもおすすめです。
ただし、必ずしも良い評判としてリツイートされるわけではないため、ネガティブな話題で注目を集めてしまう恐れがあります。とりわけプロモツイートは目につきやすい場所に表示されるため、ネガティブな評判が拡大する可能性も想定されるでしょう。

プロモアカウント

プロモアカウントとは、アカウントの下部に表示される広告です。またタイムラインにも表示され、フォロワーを獲得したいときに適しています。主な特徴は以下のとおりです。

  • アカウントの検索結果画面におすすめアカウントの1つとして表示される
  • リンク先はTwitterのアカウントのみ
  • フォローボタンが表示される
  • フォローしたときのみ課金される

プロモアカウントはワンクリックでフォローしてもらえるため、フォロワーを獲得しやすい広告手段です。またユーザーがフォローしない限り料金が発生しないので、コストを抑えて効率的に広告できる点もメリットといえるでしょう。そのため、プロモアカウントは新規にフォロワーを獲得したい方に適した手段となります。

しかし、フォロワーを獲得しても、ECサイトの売上に直結するわけではありません。定期的にセールや新商品の情報をツイートしてフォロワーをつなぎ止め、ECサイトでのショッピングに誘導する必要があります。

プロモトレンド

プロモトレンドとは、トレンドトピックの最上位やタイムライン上に24時間表示されるTwitter広告です。どのタイミングでトレンドやタイムラインを見ても目に入るため、キャンペーンを実施するときなどに適した手段といえるでしょう。主な特徴をいくつか紹介します。

  • プロモーションの文字が表示される
  • 法人アカウントのみで利用できる
  • 広告枠は1日1社限定
  • すべてのTwitterユーザーの画面に表示される

プロモトレンドは広告枠が1日1社に限定されているため、短期間のみ大々的に広告したいときに適した手法です。プロモーションの文字は表示されていますが、Twitterユーザーにとってはトレンドトピックの1つとして受け取られるため、ユーザー間で話題に上がりやすいというメリットもあります。
ただし、1日1社しか利用できないので、広告したい日に広告枠を確保できない可能性があるでしょう。また他のTwitter広告と比べると料金が高い点にも注意が必要です。

【ECサイトのTwitter活用法2】販売


Twitterは販売の場としても活用することが可能です。Twitterで実施中あるいは試用中の販売手法としては次の3つが挙げられます。

  • Twitter Shops
  • Shop Module
  • Live Shopping

それぞれの特徴や使い分けについて見ていきましょう。

Twitter Shops

Twitter Shopsはプロフィール欄を用いた販売手法です。無料で最大50点の商品を表示できるため、プロフィール欄やツイートからECサイトに移動しなくても購入のアクションに誘導することができます。
なお、Twitter ShopsはアメリカのTwitterユーザーかつiPhoneユーザーのみが利用できる機能(2022年3月時点)です。日本でも近い将来、利用できるようになる可能性があるため、チェックしておきましょう。

Shop Module

Shop Moduleはプロフィール欄に最大5つの商品を表示できる機能です。こちらもアメリカのTwitterユーザーかつiPhoneユーザーに限定された機能(2021年7月)で、日本で利用できるのは少し先になるかもしれません。
Shop Moduleは商品の詳細確認から購入まですべてTwitterアプリ内でできるため、ユーザーにとって利用しやすいと考えられます。ECサイトの売上増につながる戦力として記載できるので、日本で本格的に展開される前に対応できるようにしておきましょう。

Live Shopping

Live Shoppingはライブで商品を紹介し、閲覧しながら詳細情報や購入につながるリンク先に遷移できる機能です。日本では2022年3月にECモール「Qoo10」が初めて実施し、延べ33万人以上が視聴しました。
また、ライブ中はTwitter上でのQoo10の話題が平均よりも約4倍に増えたと報告されています。ライブ放送の閲覧中に他のユーザーの感想もチェックできるので、口コミを参考にして買うことが多い化粧品などの販売にも適した機能といえるでしょう。

【ECサイトのTwitter活用法3】その他


ECサイトの広告や販売以外にもTwitterを活用することができます。例えば、次の目的でTwitterを利用することも少なくありません。

  • キャンペーン
  • 問い合わせ窓口
  • 顧客との交流窓口
  • ニュース

それぞれどのように活用できるのか、解説します。

キャンペーン

Twitterのフォロー機能やリツイート機能を使って、キャンペーンを実施することができます。
例えば、フォローやリツイートしたユーザーの中から当選者を決めてプレゼントを提供したり、特定のハッシュタグを使ってツイートすることをキャンペーンへの応募条件としたりすることも可能です。従来のキャンペーンのように雑誌やテレビによる広告などを使わずに告知できるため、コストを下げられるというメリットがあります。

問い合わせ窓口

問い合わせ窓口としてTwitterを利用することも可能です。従来であれば、企業に何か伝えたいことがある消費者は専用フォームや専用ダイヤルを使う必要がありましたが、Twitterを利用すればスマホで簡単に問い合わせられるようになります。好きなタイミングですぐに問い合わせられるため、顧客満足度を高める効果も期待できるでしょう。

顧客との交流窓口

顧客との交流窓口としてもTwitterを利用することができます。顧客との気軽なやり取りから商品や販売についてのヒントや改善点を見つければ、売上増につなげることも可能です。

また、Twitterのスペース機能を使うことでも顧客と交流することができます。
スペース機能とは音声でコミュニケーションできる機能で、スマートフォンでTwitterにアクセスしている方ならだれでも利用可能です。スペース機能を利用すると、対話の場であるコミュニティに参加できるようになります。
コミュニティでは特定のトピックに対して関心の高いメンバーが集まるため、ユーザーニーズを細分化し、よりユーザーにとって関心の高い話題を提供できます。

ニュース

Twitterを活用して、セールのお知らせなどを紹介することもできます。メルマガやダイレクトメールでは特定の顧客しかお知らせを伝えることができませんが、Twitterであれば不特定多数をターゲットにすることが可能です。

Twitter活用時の注意点


Twitterは、ECサイトの売上増につながるさまざまな用途に活用できるツールです。しかし、むやみやたらと利用しても、売上増に結びつくわけではありません。場合によっては炎上し、ネガティブな話題で注目を集める恐れもあります。次の3つのポイントに注意して、Twitterを活用しましょう。

  • ユーザーにとって有益な情報を提供する
  • 継続的に情報を発信する
  • リツイートをする

それぞれのポイントについて解説します。

ユーザーにとって有益な情報を提供する

ユーザーにとって有益な情報を提供し続ければ、フォロワーを増やすことができ、ECサイトの閲覧や商品購入につなげることができます。魅力的な商品の紹介、商品の使用方法などについての知識など、役立つ情報を提供していきましょう。

継続的に情報を発信する

どんなにユーザーにとって有益な情報であっても、情報の発信頻度が低ければ、ユーザーが閲覧してくれるとは限りません。定期的かつ継続的に情報を発信し、ユーザーが「次はどんな情報を知らせてくれるのだろう」と楽しみに待ってくれるような状況を作りましょう。

リツイートをする

ユーザーと積極的に交流することで、親近感を持ってもらえ、ECサイトへの流入増・売上増も期待できます。気軽な交流手段であるTwitterの特徴を活かすためにも、リツイートを実施しましょう。

魅力的な写真も売上アップのポイント


Twitterの特徴として、写真を使った商品紹介ができる点も挙げられます。
商品の魅力が伝わる写真は、ぜひAirPhoto(エアフォト)にお任せください。小物や配置などにこだわったスタイリング写真も用い、高い集客性を実現する魅力的なツイートに仕上げます。お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

AirPhotoにお問い合わせ

サービスに関するご質問や、ご意見・ご感想など、どんな内容でもけっこうです。お気軽にお問い合わせください。

AirPhoto公式アカウント

『スタイリング診断』が、あなたに最適なスタイリングをご提案📷
AirPhotoはTwitter、Instagramで最新情報をお届けしています。

  • twitter
  • instagram

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

©︎ AirPhoto All Rights Reserved.