日本国内で1番利用者数が多いSNS「Twitter」の利用者数や使い方を解説

日本国内で1番利用者数が多いSNS「Twitter」の利用者数や使い方を解説

Twitterとは

Twitterは、2006年に米国のTwitter社(当時の社名はObvious社)が開始したサービスで、日本では、デジタルガレージグループがTwitterに出資・支援を始めた2008年以降、普及が進みました。
 
現在では、FacebookやInstagramと並び、世界中の多く方に利用されているソーシャルメディアとなっており、個人のアカウント以外にも企業や店舗のPRにも活用をされています。

他のSNSとの違い

日本国内で主に利用されているSNSは、Twitter、Facebook、Instagram、TikTokなどがあり、Facebookは、実名登録制のSNSで、ビジネスシーンで利用される事が多い為、年齢層が高く、若い世代の方に利用されているのが短編動画に特化したTikTokです。
 
一方、Twitterは、テキストを中心としたコミュニケーションを取るSNSで、ニュースの配信など情報のスピードと拡散性が高いサービスとなっています。

投稿の種類

Twitterには、「つぶやく」と言われるツイート機能だけではなく、フォローやリツイートなどの機能もあります。
 
ツイート
文章を投稿する事で、「つぶやく」ともいわれています。
 
フォロー
アカウントと繋がる(登録)する機能で、フォローする事で、自身のタイムラインにフォローしたアカウントの投稿が表示されます。
 
フォロワー
自身のアカウントをフォローしてくれた方の事です。
 
タイムライン
自身のメインの表示画面で、自身とフォローしている方のツイートが表示されます。
 
リプライ
投稿に対して、コメントをする事です。
 
リツイート
他のユーザーの投稿を、自身のタイムライン上に再投稿する機能で、リツイートすると、自身のフォロワーに表示されます。
 
中の人
企業や店舗アカウントを運用している担当者の事を呼びます。
 

利用者数

Twitterは、全世界で3億3,300万人以上、国内では4500万人以上の方が利用しています。
特に国内では、FacebookやInstagramを抑えて1番利用されているサービスとなっております。
Twitterは、企業や店舗アカウント以外にも、芸能人・政治家・アスリートなど著名人の利用者も多い事や情報のスピードも早い為、ニュースや災害情報をいち早く知ることもできます。

まとめ

Twitterは、テキストや写真でコミュニケーションを取ったり、ニュース(記事)に対してコメントをつけて引用を行いリツイートをして楽しむ事が出来るアプリです。
 
また、AirPhoto(エアフォト)では、Twitterに最適な写真の撮影や投稿のアドバイスを行っておりますので、ぜひお気軽にご相談下さい。

AirPhotoにお問い合わせ

サービスに関するご質問や、ご意見・ご感想など、どんな内容でもけっこうです。お気軽にお問い合わせください。

AirPhoto公式アカウント

『スタイリング診断』が、あなたに最適なスタイリングをご提案📷
AirPhotoはTwitter、Instagramで最新情報をお届けしています。

  • twitter
  • instagram

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

©︎ AirPhoto All Rights Reserved.